コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ザゼンソウ

百科事典マイペディアの解説

ザゼンソウ

本州,北海道,アジア北東部の湿地にはえるサトイモ科多年草。全体に不快な臭気がある。根茎は太く,葉は根出し,卵状心臓形で,長さ20〜30cm。4〜5月,紫褐色の卵形仏炎包の中に,楕円形肉穂花序をつける。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ザゼンソウ
ざぜんそう / 坐禅草
[学]Symplocarpus foetidus Nutt. var. latissimus (Makino) Hara

サトイモ科の多年草。地下に太い根茎があり、全草に悪臭がある。葉は根生し、長柄があり、葉身は円心形で大きく、成熟時には径40センチメートルに達する。花序は楕円(だえん)の肉穂花序をなし、長さ2センチメートル、舟形の厚い仏炎包に包まれる。花は両性で、4枚の花被片と4本の雄しべ、1本の雌しべからなり、密集してつく。仏炎包は3~5月、葉が出る前に展開し、成熟時には長さ20センチメートル、径13センチメートルに達し、内側は呼吸熱により、外気温より著しく高温に保たれる。種子は果皮に包まれず、スポンジ状の花軸の中に埋まる。水湿地に生え、中部地方以北の本州、北海道、朝鮮半島、樺太(からふと)(サハリン)、ウスリー、アムールに分布。名は、花序のようすが坐禅をしている状態を思わせるのでいう。[邑田 仁]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ザゼンソウの関連キーワードヒメザゼンソウ(姫坐禅草)日本のおもな植物園宮床湿原仏炎苞中河内達磨草里芋科

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ザゼンソウの関連情報