シェフチェンコ(英語表記)Shevchenko, Taras Grigor'evich

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

シェフチェンコ
Shevchenko, Taras Grigor'evich

[生]1814.3.9. モリンツイ
[没]1861.3.10. ペテルブルグ
ロシア,ウクライナの詩人,画家。農奴の家に生れ,幼くして両親を失ったが,1838年ジェコフスキーらの奔走により自由の身となり,美術学校に学んだ。 40年,貧苦にあえぎ,自由を叫び求める農民の姿をうたった最初の詩集『コブザーリ』 Kobzariを出版,ウクライナ文学史に新時代を開いた。 47年革命運動に参加したために逮捕,10年間の流刑生活をおくった。代表作に,農民一揆を描いた叙事詩『ガイダマキ』 Gaidamaki (1841) ,政治詩『夢』 Son (44) ,『コーカサス』 Kavkaz (45) ,専制政治の打倒を呼びかけた『遺言』 Zaveshchanie (45) などがあり,ウクライナ最大の国民詩人とされる。そのほかロシア語で書いた小説9編,戯曲2編があり,画家としてもすぐれた作品を残している。

シェフチェンコ

アクタウ」のページをご覧ください。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

シェフチェンコ(Taras Grigor'evich Shevchenko)

[1814~1861]ウクライナの詩人・画家。ウクライナ国民文学の確立者。革命的傾向のため流刑。叙情詩集「コブザーリ」、叙事詩「ガイダマキ」など。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

シェフチェンコ

ウクライナの詩人。農奴の出で民衆と郷土への愛をうたい,ウクライナの国民詩人といわれる。農奴制に反対しウクライナ解放をめざす秘密結社〈キリル・メトディウス団〉に参加して10年の流刑生活を送った。詩集《コブザーリ》(1840年),叙事詩《ハイダマキ》がある。画家としても有名である。現代のウクライナでも民族の統一を象徴する存在。
→関連項目フルシェフスキー

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

シェフチェンコ【Taras Grigol’evich Shevchenko】

1814‐61
ウクライナの国民的詩人,画家。農奴の子に生まれ,年若くして孤児となり,悲惨な少年時代を送ったが,早くから詩と絵の才能を示した。18歳の時,主人の命令で画工の修業をさせられた。画家ブリュローフ,詩人V.A.ジュコーフスキーは彼の画才を認め,1838年地主から2500ルーブルで彼の身分を買いとった。自由の身になって美術アカデミーに入り,ブリュローフに師事した。アカデミー在学中の40年に,郷土と民衆に寄せる深い愛を歌った詩集《コブザーリ(吟遊詩人)》を発表,ウクライナの国民詩人としての地位を確立した。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

シェフチェンコ【Taras Grigor'evich Shevchenko】

1814~1861) ウクライナの革命的民衆詩人。詩集「コブザーリ」、叙事詩「ハイダマキ」など。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

シェフチェンコ

(Taras Grigor'jevič Šjevčjenko タラス=グリゴリエビチ━) ウクライナの民族詩人、画家。絵画のかたわら詩作に従事。圧制の下で苦しむ農奴の悲惨な姿と、自由を求める叫びをうたいあげ、ロシア最初の人民詩人と評される。代表作に叙事詩「ガイダマキ」がある。(一八一四‐六一

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内のシェフチェンコの言及

【ウクライナ】より


[ウクライナのルネサンス]
 1798年に刊行されたイワン・コトリャレフスキー(1769‐1838)の《エネイダ》は,近代ウクライナ文語の発展の始まりを意味するものであり,19世紀のウクライナ民族のルネサンスの開始を告げるものであった。農奴出身の詩人T.G.シェフチェンコ(1814‐61)はその力ある詩と生涯により,ウクライナ民族を代表する詩人となった。1846年キエフで結成された政治結社キリル・メトディウス団にはシェフチェンコのほか,歴史家で作家のパンテレイモン・クリシ(1819‐97),歴史家で作家のN.I.コストマーロフ(1817‐85)など,19世紀のウクライナを代表する知識人が参加し,スラブ連邦形成,農奴制廃止などを掲げたが,47年全員逮捕され,とくにシェフチェンコはその詩の反ロシア的な内容を理由に中央アジアへ10年間の流刑となった。…

【ウクライナ語】より

…14世紀後半以降ポーランドの支配下にあった南西ロシアの言語とモスクワの大ロシア語との分化が進行し,17世紀中ごろまでにウクライナ語,ベラルーシ語,ロシア語の差は決定的となった。現代文語の主要規範は詩人T.G.シェフチェンコ(1814‐61)によって確立されるが,ロシア帝政期にはその教育や公的使用が禁じられ,1917年の革命後初めて独立の国語として正書法,語彙,文法の標準化が進められた。北,南西,南東の3方言のうち,標準語の規範を与えているのは南東方言である。…

【キリル・メトディウス団】より

…1845年12月から46年1月にかけてキエフで結成された。中心的組織者はM.I.フラク,V.M.ビロゼルスキー,M.I.コストマーロフで,これにP.O.クリシ,詩人のシェフチェンコなどが加わり,46年秋にはその団員は12名を数えた。綱領的文書として《ウクライナ民族創世記》《聖キリル・メトディウス団規約》が残されており,前者は旧約聖書の《創世記》の体裁を踏襲している。…

※「シェフチェンコ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

檄を飛ばす

自分の主張や考えを広く人々に知らせ同意を求める。また、それによって人々に決起を促す。飛檄。[補説]誤用が定着して「がんばれと励ます」「激励する文書を送る」という意味でも用いられる。文化庁が発表した「国...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

シェフチェンコの関連情報