コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シェーンバイン シェーンバインSchönbein, Christian Friedrich

5件 の用語解説(シェーンバインの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

シェーンバイン
シェーンバイン
Schönbein, Christian Friedrich

[生]1799.10.18. メツィンゲン
[没]1868.8.29. ザオエルスベルク
スイスの化学者。イギリスエプソムなどで教えたのち,バーゼル大学に迎えられ (1828) ,物理学および化学教授 (35) 。鉄の不動態,過酸化水素,触媒の研究など,360に及ぶ論文を発表している。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

シェーンバイン

ドイツの化学者。1835年バーゼル大学教授。1839年オゾンを発見,1845年綿火薬を発明し,これからコロジオンをつくった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

シェーンバイン【Christian Friedrich Schönbein】

1799‐1868
ドイツの化学者。メッツィンゲンの生れ。13歳の時から工場で働き,化学と薬学の実際的知識を得た。後にエルランゲン大学で化学を学ぶが,そこで学生であったリービヒおよび哲学者シェリングと知り合った。その後ドイツおよびロンドンの学校で自然科学の教師を務め,さらにパリへの短い遊学期間の後,1828年バーゼルの大学に招かれ,35年化学の正教授となり,終生この職にあった。研究は多方面にわたるが,中心はみずからが39年に発見したオゾンに関する化学であった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

シェーンバイン
しぇーんばいん
Christian Friedrich Schnbein
(1799―1868)

ドイツの化学者。シュワーベンのメッツィンゲンに生まれる。14歳から化学工場で働き、そのかたわら化学の勉強を始めた。1821年からエルランゲン、チュービンゲン大学で物理学、化学を学んだ。1828年にスイスのバーゼル大学に招かれ、1835年同大学教授となった。
 1839年、水の電気分解に際して異臭を放つ気体を発見、ギリシア語のozein(かぐこと)にちなんでオゾンozoneと命名し、オゾニド(オゾン化合物)もみいだした。1845年には、すでにブラコノーHenri Braconnot(1781―1855)により発見されていた硝化綿(ニトロセルロース)が、木綿を混酸(濃硫酸と濃硝酸との混合物)で処理すると容易に合成できることをみいだした。さらに1846年コロジオン、綿火薬を発明した。彼の仕事の多くは、原子論の立場からの定量的研究であった。[川野辺渉]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

シェーンバインの関連キーワードブラウン序曲ヘルダーリンワレンシュタイン紀上太郎常磐津文字太夫(2代)西宮新六科学史からくり人形一竜斎貞山

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone