コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シエナ大聖堂 シエナだいせいどうDuomo di Siena

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

シエナ大聖堂
シエナだいせいどう
Duomo di Siena

イタリア中部の古都シエナ大聖堂。 1380年頃に完成し,イタリア初期ゴシックを代表する。聖堂の内外は,白と黒の大理石による水平縞文様の化粧張りが施され,1284~99年の G.ピサーノのデザインによる三角形の破風をもつファサードも白,黒,ピンクの大理石で化粧張りされている。内部の床はベッカフーミらによって制作されたモザイクによって飾られ,他に例をみない特色を示す。そのほか,N.ピサーノによる説教壇,ベッカフーミ,ピントリッキオのフレスコ,ギベルティドナテロ,ベルニーニの彫刻などが聖堂内を飾っている。北方ゴシックの無限定な空間を求める意識ではなくて,あらゆることに関して明確な形を求めるイタリア特有の造形意識がうかがわれる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

シエナ‐だいせいどう〔‐ダイセイダウ〕【シエナ大聖堂】

Duomo di Siena》イタリア中部、トスカーナ州の都市シエナにあるゴシック様式の大聖堂。12世紀半ばに着工され、14世紀に完成。外壁は白と暗緑色の大理石による縞模様で覆われ、内部床面も旧約聖書を題材にした大理石による象嵌が施されている。ジョバンニ=ピサーノファサードの装飾を手がけたほか、ニコラ=ピサーノらによる説教壇がある。洗礼堂にはギベルティドナテロらによるレリーフを施した洗礼盤が置かれている。1995年、大聖堂やプブリコ宮殿カンポ広場がある旧市街は「シエナ歴史地区」の名称で世界遺産(文化遺産)に登録された。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

シエナ大聖堂【シエナだいせいどう】

イタリアのシエナの大聖堂で,イタリア・ゴシック建築の代表作の一つ。Duomo,Siena。12世世紀末に着工し,内陣は1317年に完成。内部の柱と壁は白と黒の大理石が交互に重ねられ,水平線が強調されている。
→関連項目シエナドゥッチョ・ディ・ブオニンセーニャピサーノピントゥリッキョ

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

シエナだいせいどう【シエナ大聖堂 Duomo,Siena】

イタリアのシエナにあるゴシック様式の大聖堂。正称はサンタ・マリアSanta Maria。12世紀末に起工し,14世紀末にかけて建設。全体として3廊式ラテン十字形平面を示すが,交差部がやや不整形の六角形平面をなし,各柱上方のトロンプで荷重を受けて交差部のドームと採光塔を頂くのが特異である。内部の柱・壁は色大理石で水平の縞模様をなし,床も多色大理石のモザイクで覆われる。ジョバンニ・ピサーノ設計の西正面(下半分のみ原案どおり)は,飾り破風や小尖塔を伴ったばら窓と3扉口によりフランス式構成を示すが,彫刻やモザイク画の豊かな装飾は全体としてなおイタリア的な平板性にとどまっている。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

シエナ大聖堂
しえなだいせいどう
Duomo di Siena

イタリアにおけるもっとも豪奢(ごうしゃ)なゴシック式聖堂で、中部イタリアのシエナ市にある。12世紀中期に起工され、造営期間は13、14両世紀にわたる。1215年に主要部分の建設がほとんど終了し、64年にクーポラ(円蓋(えんがい))が完成、84~95年にジョバンニ・ピサーノによってファサード(正面)下部の装飾が完了し、1313年にカンパニーレ(鐘塔)が建立され、完成を目前にしながら工事は停滞していた。ところが1339年に至り、おりから造営が進行中のフィレンツェの大聖堂と覇を競うべく、これまで構築された建物を翼廊に転用する巨大な新大聖堂の計画が提案される。そしてただちに新計画による工事が開始されたが、シエナ市の財政上の逼迫(ひっぱく)や1348年のペストの流行で、工事は中断を余儀なくされた。新たに建設された部分を取り壊し、在来どおりの計画に戻って、1376年にジョバンニ・ディ・チェッコが正面上部の装飾に着手し、82年にはアプスが完成した。度重なる設計変更のため、外観構成とプランに秩序とシンメトリーを欠くうらみはあるが、美観は損なわれていない。壁面は白と黒の大理石による横縞(よこじま)模様で装われ、この中世都市にふさわしい瀟洒(しょうしゃ)なたたずまいをみせている。床面に施された旧約物語を題材にした多色大理石のはめ込み細工は、豪奢で精巧な技法を示しており、ニコラ・ピサーノ一門による説教壇、ドナテッロの手になる『洗礼者聖ヨハネ像』はともに彫刻史上の逸品である。アプスに隣接する洗礼堂には、ギベルティ、ドナテッロ、ヤコポ・デッラ・クエルチアの浮彫りで装われた洗礼盤が設置されている。[濱谷勝也]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のシエナ大聖堂の言及

【ゴシック美術】より

…西ヨーロッパ中世後半におこなわれた美術。ロマネスク美術につぎ,その発展の結果として生まれ,12世紀中期から準備期に入り,13世紀にフランス,イギリスにおいて明確な様式として成立し,さらに西ヨーロッパ全土に波及し,つづく2世紀間に発展・変化して,15世紀初めからイタリアで形成されるルネサンス美術が代表する近世美術にとって代わられるまで存続した。ゴシックGothicの名称は,バザーリらルネサンスのイタリア人が中世建築を粗野な蛮族ゴート人Gothのもたらしたものとして非難したことに由来するが,19世紀以来,西ヨーロッパ中世美術の一様式をさす美術史上の用語として適用されるにいたった。…

【床】より

…切石を何種類もの石を用いて構成し,その目地のパターンを複雑にすると,この方法はモザイクに近づいていく。中世の教会堂の床面の美しい例としては,イタリアのシエナ大聖堂の作例(12世紀)が有名である。屋外の広場ではあるが,ミケランジェロ設計ローマのカンピドリオの広場の切石によるパターンも,西洋の床のデザインの伝統を示す作例として興味深い。…

※「シエナ大聖堂」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

シエナ大聖堂の関連キーワードピサーノ(Giovanni Pisano)ピサーノ(Nicola Pisano)フランチェスコ・ディ・ジョルジョアルノルフォ・ディ・カンビオアルノルフォ・ディ・カンビオヘルメス・トリスメギストスドメニコ・ディ・バルトロリベラーレ・ダ・ベロナマイエスタス・ドミニシエナ大聖堂美術館イタリア建築ゴシック美術ドゥッチオペルッツィピウス3世サッセッタ降架

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android