コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シジミバナ

百科事典マイペディアの解説

シジミバナ

中国原産のバラ科の落葉低木で,春の花木として庭園に栽植。枝は束生して高さ1〜2mになる。葉は楕円形で表面にはやや光沢があり,裏には軟毛が密生する。4〜5月,散形花序は前年枝の葉腋から出て3〜10個の花をつける。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

シジミバナ
しじみばな / 蜆花
[学]Spiraea prunifolia Sieb. et Zucc.

バラ科の落葉低木。高さ1~2メートルの株立ち状になり、若枝に短毛がある。葉は互生し、楕円(だえん)形から広卵形で長さ2~3.5センチメートル、縁(へり)の上半に鋸歯(きょし)があり、両面に軟毛がある。4月、小形の葉が束生した短枝の先に散形花序をつくり、径約1センチメートルで八重の白色花を3~5個開く。花柄は長さ2~4センチメートルで、萼(がく)とともに毛がある。花弁は多く、雄しべと雌しべは退化しており、結実しない。中国原産で日本には古く渡来し、花木として各地の庭園、公園などに広く植えられている。名は小形の花形をシジミの内臓に見立てたもの。炒(い)ってはぜた糯米(もちごめ)に似るのでハゼバナ(花)ともいい、小白花を小米にたとえたコゴメバナの名もある。花の中央がへこむのでエクボバナともいい、中国名の笑靨(しょうよう)も同じ意味である。[小林義雄]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のシジミバナの言及

【ユキヤナギ(雪柳)】より

…湿り気が少なく,日当りの良い場所を好み,株分けや挿木により容易に繁殖し,促成栽培により冬の切花として利用されることも多い。ユキヤナギに似たものにシジミバナS.prunifolia Sieb.et Zucc.(英名bridal wreath)があり,葉は卵状楕円形で下面に軟毛が生え,花はめしべ,おしべが退化して,重弁になっている。ハゼバナ,コゴメバナの別名がある。…

※「シジミバナ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

シジミバナの関連キーワードシモツケ(下野)コゴメバナユキヤナギ小林義雄シモツケ米裂花笑靨花黄櫨花小米花小米木小米桜粶花米桜玉柳靨花米柳笑靨櫨花

今日のキーワード

ラニーニャ現象

《La Niña events》赤道付近のペルー沖から中部太平洋にかけて、数年に1度、海水温が平年より低くなる現象。低下する温度差はエルニーニョ現象での上昇温度差より一般的に小さい。→ダイポールモード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android