コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シチョウゲ(紫丁花) シチョウゲ Leptodermis pulchella

2件 の用語解説(シチョウゲ(紫丁花)の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

シチョウゲ(紫丁花)
シチョウゲ
Leptodermis pulchella

アカネ科の小低木。イワハギともいう。紀伊半島,四国の川岸の岩上に生える。観賞用に盆栽または庭木として栽培される。ハクチョウゲ (白丁花) によく似ていて花が紫色なのでこの名がある。枝は初め細毛をもち,のちに暗灰色になる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

シチョウゲ(紫丁花)【シチョウゲ】

紀伊半島,四国に分布するアカネ科の落葉小低木で川岸の岩地などにはえる。ハクチョウゲに似ているが,臭気がある。高さ約60cmになり,幹は暗灰色でよく分枝し,披針形の小さい葉を対生する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

シチョウゲ(紫丁花)の関連キーワードアカネ科ブバルディアターキーレッド蟻通品川萩白丁花舞萩数珠根の木玉心花シチョウゲ

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone