シチョウゲ(紫丁花)(読み)シチョウゲ

百科事典マイペディア「シチョウゲ(紫丁花)」の解説

シチョウゲ(紫丁花)【シチョウゲ】

紀伊半島,四国に分布するアカネ科の落葉小低木川岸の岩地などにはえる。ハクチョウゲに似ているが,臭気がある。高さ約60cmになり,幹は暗灰色でよく分し,披針形の小さい葉を対生する。花は夏咲き,柄がなく,長さ1.5〜2cm,筒状で先が5裂し,紫色盆栽鉢植にされる。さし木または実生(みしょう)で繁殖は容易。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「シチョウゲ(紫丁花)」の解説

シチョウゲ(紫丁花)
シチョウゲ
Leptodermis pulchella

アカネ科の小低木。イワハギともいう。紀伊半島,四国の川岸の岩上に生える。観賞用に盆栽または庭木として栽培される。ハクチョウゲ (白丁花)によく似ていて花が紫色なのでこの名がある。枝は初め細毛をもち,のちに暗灰色になる。葉は対生し,長さ2~4cmの楕円形で短い柄がある。夏に,漏斗状で紫色の花を葉腋につける。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

半夏生

半夏ともいう。七十二候の一つで,本来は夏至後 10日目から小暑の前日までをいったが,現行暦では太陽の黄経が 100°に達する日 (7月1日か2日) を半夏生とし,雑節の一つとして記載している。この頃半...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android