コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シトカ Sitka

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

シトカ
Sitka

アメリカ合衆国,アラスカ州南東部アレクサンダー諸島バラノフ島にある都市。 1799年ロシアの初代アラスカ総督 A.バラノフにより砦が建設されたが,1802年インディアンに破壊された。現在の市は 04年に形成された。 67年アラスカがアメリカへ譲渡されることになり,シトカで引渡しが行われた。以来 1900年までこの地方の中心地。造船,製材,製粉工業が行われ,交易の中心地として繁栄した。現在はパルプ,缶詰工業,漁業が主産業。人口 8588 (1990) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

シトカ(Sitka)

米国アラスカ州の南東部にある都市。18世紀末にロシア人によって開かれ、毛皮の交易地として発展。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

シトカ

米国,アラスカ州南部,アレクサンダー諸島のバラノフ島西岸にある港町。日本のアラスカ・パルプ会社の工場がある。水産物の水揚げも行われる。1799年ロシア人貿易商のA.A.バラノフが創設した町で,アメリカ・ロシア会社の本拠地だった。
→関連項目時規物語

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

シトカ【Sitka】

アメリカ合衆国アラスカ州南東部の港町。人口7803(1980)。アレクサンダー諸島バラノフ島西岸にあり,北太平洋海流に接し,周囲を囲む山に北風がさえぎられるため,気候は比較的温暖である。漁業と林業が中心産業で,1959年には日本のアラスカ・パルプ会社が設立されている。ロシア・アメリカ会社のA.A.バラノフによって1799年に建設され,1867年まではロシア領アメリカの主都,また1906年まではアラスカ準州の州都であった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

シトカ
しとか
Sitka

アメリカ合衆国、アラスカ州南東部、アレクサンダー諸島中のバラノフ島西岸にある都市。人口8835(2000)。主産業は漁業で、サケを中心にカニ、ヒラメ、ハマグリがとれるほか、林業、缶詰加工業が盛んである。1799年にロシアのアレクサンダー・バラノフにより町が創設され、1867年までロシアン・アメリカの首都となった。その後、アメリカの統治下に入ってからも、1906年にジュノーに移るまで、アラスカ準州の州都として繁栄した。市内にもロシア統治下時代のおもかげをとどめる建物が目だち、トーテムポールのコレクションで知られるシトカ国立歴史公園は多くの見物客が訪れる。[作野和世]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

シトカの関連キーワードヒレアシトカゲ(鰭脚蜥蜴)アレクサンダー[諸島]ムカシトカゲ(昔蜥蜴)レインボースプリングスニュージーランド亜区ヒメアシナシトカゲウェリントン動物園ヘイリー ロレンアシナシトカゲアメリカ合衆国ヘビガタトカゲ清兵衛(3)ムカシトカゲヘビトカゲスプルース長助(2)キンモグラアラスカ湾足無蜥蜴無肢蜥蜴

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android