コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シトカ シトカSitka

5件 の用語解説(シトカの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

シトカ
シトカ
Sitka

アメリカ合衆国,アラスカ州南東部アレクサンダー諸島バラノフ島にある都市。 1799年ロシアの初代アラスカ総督 A.バラノフにより砦が建設されたが,1802年インディアンに破壊された。現在の市は 04年に形成された。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

シトカ

米国,アラスカ州南部,アレクサンダー諸島のバラノフ島西岸にある港町。日本のアラスカ・パルプ会社の工場がある。水産物の水揚げ行われる。1799年ロシア人貿易商のA.A.バラノフが創設した町で,アメリカロシア会社本拠地だった。
→関連項目時規物語

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

シトカ【Sitka】

アメリカ合衆国アラスカ州南東部の港町。人口7803(1980)。アレクサンダー諸島バラノフ島西岸にあり,北太平洋海流に接し,周囲を囲む山に北風がさえぎられるため,気候は比較的温暖である。漁業と林業が中心産業で,1959年には日本のアラスカ・パルプ会社が設立されている。ロシア・アメリカ会社のA.A.バラノフによって1799年に建設され,1867年まではロシア領アメリカの主都,また1906年まではアラスカ準州の州都であった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

シトカ
しとか
Sitka

アメリカ合衆国、アラスカ州南東部、アレクサンダー諸島中のバラノフ島西岸にある都市。人口8835(2000)。主産業は漁業で、サケを中心にカニ、ヒラメハマグリがとれるほか、林業、缶詰加工業が盛んである。1799年にロシアのアレクサンダー・バラノフにより町が創設され、1867年までロシアン・アメリカの首都となった。その後、アメリカの統治下に入ってからも、1906年にジュノーに移るまで、アラスカ準州の州都として繁栄した。市内にもロシア統治下時代のおもかげをとどめる建物が目だち、トーテムポールのコレクションで知られるシトカ国立歴史公園は多くの見物客が訪れる。[作野和世]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

シトカの関連情報