コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シナ=チベット語族 シナ=チベットごぞくSino-Tibetan languages

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

シナ=チベット語族
シナ=チベットごぞく
Sino-Tibetan languages

インド=シナ語族,シニティック語族ともいわれる。漢蔵語族とも書く。中国語タイ語ビルマ語チベット語などが互いに親縁関係を有するとして立てられた語族。しかし,これらの言語間の親縁関係が言語学的に証明されているわけではなく,なお多くの問題を残している。大別してチベット=ビルマ語族とシナ=タイ語族に分れるとされるが,タイ語をオーストロアジア語族に関係づける学者やオーストロネシア語族に関係づける学者もある。ミヤオ=ヤオ諸語やカレン諸語もシナ=チベット語族に含める見方もある。シナ=チベット語族を設定する根拠として,単音節語的であること,孤立語的であること,語彙の類似,声調をもつこと,大部分が類別詞をもつことなどがあげられているが,まだ研究が不十分である。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

シナ=チベット語族の関連キーワードシナ=チベット語系諸族トールン(独竜)族アチャン(阿昌)族ミヤオ=ヤオ諸語ジノー(基諾)族シナ=タイ語族プミ(普米)族ヌー(怒)族コーラオ族ムーラオ族

今日のキーワード

気が置けない

遠慮したり気をつかったりする必要がなく、心から打ち解けることができる。「―◦ない間柄」[補説]文化庁が発表した「国語に関する世論調査」で、「その人は気が置けない人ですね」を、「相手に対して気配りや遠慮...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android