コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シナ・チベット語族 シナチベットごぞく

百科事典マイペディアの解説

シナ・チベット語族【シナチベットごぞく】

中国,インドシナ半島,アッサム,ヒマラヤ地域に分布する数多くの言語が親族関係にあるとして与えられた名称。それら諸言語の比較言語学的研究は不十分で,所属言語,分派関係,他の語族との関係について諸説があるが,漢語(中国語)群,タイ諸語チベット・ビルマ語派の3派に分けるのが一般的である。
→関連項目カチン語カレン語タイ語

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

シナ・チベット語族
しなちべっとごぞく

西はインドのカシミールからチベットと中国大陸を経て、東は台湾に及び、北は中央アジアから南は東南アジアにわたる広い地域に分布する語族。従来は、インド・ヨーロッパ語族に対立するものとして、インド・シナ語族と名づけられたが、いまではシナ・チベット語族Sino-Tibetan(漢蔵(かんぞう)語族)とよばれることが多い。この語族に所属することばの種類は、いまのところ言語・方言を含めて約300とされるが、なお調査されていないことばや、報告されていても詳細がわからないことばもかなりある。この語族のことばは、「単音節語」あるいは「孤立語」という特徴だけが強調されてきたが、実際にはそのような単一のしかも単純な特徴によって、この語族を性格づけることはできない。この語族のなかには、ヒマラヤ地域の諸言語や中国四川(しせん/スーチョワン)省の北西部にいるギャロンrgyarong族のことばなどのように、複雑な音素体系ややっかいな文法組織をもったことばも少なくない。ミャンマー(ビルマ)のチン特別地区で話されるチン語なども、動詞の形態変化や人称接尾辞をもっていて、単純なタイプのことばとはいえない。それらの複雑な構造が、この語族の古い形態を伝承しているのかどうかは、多くの議論が要る問題である。この語族のなかで、例外的に紀元前800年ごろまでさかのぼれる漢語のほかは、15世紀より以前に文献をもつことばとしては、チベット語(7~8世紀)、ナム語(8世紀)、ナシ(モソ)語(10世紀?)、西夏(せいか)語(11世紀)、ビルマ語・ピュー語(12世紀)、シャム語・ラオス語(13世紀)ぐらいであって、それ以外のことばは、かなり後の時代にならないと文字による記録は出てこない。この語族の比較研究は、最近になって本格的に進められるようになった。[西田龍雄]

分類

この語族は、東の地域に分布するシナ・タイ語派と、西の地域のチベット・ビルマ語派に普通は大別される。括弧(かっこ)内は代表言語あるいは方言名である。
〔1〕シナ・タイ語派
(1)漢語群 北方語系(北京(ペイチン)語)、呉(ご)語系(上海(シャンハイ)語)、湘(しょう)語系(長沙(チャンシャー)語)、(かん)語系(南昌(ナンチャン)語)、客家(はっか)語系(客家語)、粤(えつ)語系(広東(カントン)語)、(びん)南語系(厦門(アモイ)語)、北語系(福建(フーチエン)語)
(2)カム・タイ語群 カム・スイ語系((カム)語)、タイ語系(シャム語)、チワン・プイ語系(武鳴(ウミン)方言)、黎(リ)語系((ハ)方言)
〔2〕チベット・ビルマ語派
(1)チベット語群 チベット語系(チベット語)、ギャロン語系(ギャロン語)、ヒマラヤ語系(グルン語)、チャン語系(羌(チヤン)語)、カチン語系(カチン語)
(2)ビルマ・ロロ語群 ビルマ語系(ビルマ語)、マル・アツィ語系(マル語)、ビス・アカ語系(アカ語)、ロロ語系(イ語)、ラフ・リス語系(ラフ語)、西夏・ミニャク語系(西夏語)、トールン・ヌー語系(独竜(トゥールン)語)、白語系(白語)
(3)ボド・ナガ語群 ボド語系(バラ語)、ナガ語系(アオ・ナガ語)
(4)チン語群 北方チン語系(タード語)、中央チン語系(ルシャイ語)、南方チン語系(キィヤン語)、メイテイ語系(メイテイ語)
 このほかに、ミャオ(苗)語Miaoとヤオ(瑤)語Yaoのグループをミャオ・ヤオ語派として加える学者もいる。ことに中国の学者は、シナ・チベット語族を漢、(かむたい)、蔵緬(ぞうめん)、苗瑤(ミャオヤオ)の四つの語派に分けている。[西田龍雄]

親縁関係

同じ語系に属することばの間では、声調までも規則的に対応する。そして同じ語群に属する語系間でも、かなりの信頼性をもって親縁関係を証明することができるが、語群間の比較研究になると、対応例が少なく、証明力が弱まり、この語族の全体的な関係を証明しがたくなる。しかし、この語族に属することばには、次のような大まかな共通の特徴は認められる。[西田龍雄]

特徴


〔1〕多音節語、とくに2音節からなる単語が多いが、基本的な意味単位は、子音・母音・子音の連続からなる単音節である。そして一つの音節は一つの声調をもって発音される。チベット語のアムド方言などには声調がないが、一般的にいって、チベット・ビルマ語派よりもシナ・タイ語派のほうが声調の数は多く、2種類から9種類まである。
〔2〕シナ・タイ語派では、文は、主語―述語―目的語の順序に並べられる(たとえば、「私は彼を打つ」は「私―打つ―彼」となる)が、チベット・ビルマ語派では、主語―目的語―述語(「私―彼―打つ」)の語順をとる。後者はさらに、主格、属格、対格、於格(おかく)などを示す特定の助詞を単語のあとにつける。
〔3〕カム・タイ語群では、限定する名詞・代名詞は、限定される名詞・代名詞のあとに置かれる。たとえば「私の馬」は「馬―私」となるが、チベット・ビルマ語派では「私(の)馬」となる。
〔4〕チベット語とカチン語のほかは、日本語の「一本の木」「一枚の紙」の「本」「枚」にあたる類別詞が多く使われる。漢語では「這張紙(チョチヤンチー)」(この紙)、「一張紙(イチヤンチー)」(一枚の紙)のように、指示詞や数詞と名詞の間にこの類別詞は置かれるが、カム・タイ語群では「紙・枚・この」または「枚・紙・この」となり、チベット・ビルマ語派では一般に「紙・この・枚」「紙・一・枚」の順序をとる。
〔5〕シナ・タイ語派では動詞はとくに助詞をもたないが、チベット・ビルマ語派では助詞を伴うのが普通である。たとえば「来る」は、yong-wa(チベット語)、la-de(ビルマ語)、wa-'ay(カチン語)など、助詞はさまざまの形をとる。なお、この語族にミャンマーとタイに分布するカレンKaren語群を入れる学者もいる。[西田龍雄]
『市河三喜・服部四郎著『世界言語概説 下』(1955・研究社出版) ▽西田龍雄著『緬甸館訳語の研究』(1972・松香堂)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

シナ・チベット語族の関連キーワードシナ・チベット系諸族アウストロアジア語族ムーラオ族(仫佬族)チベットビルマ語派ショオ族(畲族)ミヤオ・ヤオ諸語ロロ・ビルマ語群ミゾラム[州]マニプル[州]ミヤオ(苗)語ペー族(白族)ビルマ系諸族リー(黎)族ヤオ(瑶)語ミャオ族ビルマ族ビルマ語漢民族リー族カレン

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android