シノノメソウ(読み)しののめそう

  • Swertia swertopsis Makino
  • しののめそう / 東雲草

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

リンドウ科の一年草または越年草。茎は高さ30~40センチメートル。8~9月、茎上部に密集した散形花序をつける。花冠は5裂し、白色で紫色の斑点(はんてん)がある。丘陵帯から山地帯の林内にかけて生え、伊豆半島、四国、九州に分布する。名は、本種が同じくリンドウ科のアケボノソウに似るので、その同義語をあてたもの。

[高橋秀男]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android