コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シマヘビ Elaphe quadrivirgata

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

シマヘビ
Elaphe quadrivirgata

トカゲ目ヘビ科。体長 1.5mに達する。体背面は淡青褐色で,頸から尾にかけて4本の黒褐色がある。また眼の横にも短い黒い線がある。腹部は淡緑色。幼体の体色は淡赤色で成体のものと著しく違うので,別種であるように思われやすい。縞は生後1年ぐらいから現れる。卵生で無毒。日本各地の平地山地森林草原などに普通にみられる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

シマヘビ

ナミヘビ科の無毒ヘビ。全長1〜1.5m。頭胴部には黄褐色地に4条の黒褐色の縦縞(たてじま)が走る。日本の固有種で,全国に分布し,平地や山地の水田,草原,森林などに広く生息

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

シマヘビ
しまへび / 縞蛇
[学]Elaphe quadrivirgata

爬虫(はちゅう)綱有鱗(ゆうりん)目ナミヘビ科のヘビ。北海道、本州、四国、九州および大隅諸島などの離島に普通にみられる無毒種。全長1~1.5メートルで、伊豆七島の祗苗(ただなえ)島では1.9~2.1メートルの大形個体が採集されている。無毒ヘビの典型的な体形をしており、黄褐色の体背面には頸部(けいぶ)から尾部にかけて、4条の黒色縦条が走る。幼体は赤みを帯び、背面に赤褐色の横帯と4列の黒色斑点(はんてん)とが並ぶ。成長につれて横帯が薄れ、斑点が黒褐色の縦縞(たてじま)模様として鮮明となってくる。アオダイショウに似るが、虹彩(こうさい)が赤みがかり、胴周りの体鱗が19列である点が異なる。平地から低山地の水辺、草原、耕地、森林周辺などに生息し、地上にいることが多い。餌(えさ)はカエル、サンショウウオ、トカゲ、小さなヘビ、小鳥、小哺乳(ほにゅう)類などである。飼育するとよくなれるが、野外では追い詰められると、激しく尾を振って威嚇する。夏に10~20個ほどを産卵し、40~50日ほどで孵化(ふか)する。カラスヘビは本種の黒化型である。[松井孝爾]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

シマヘビの関連キーワードカラスヘビ高原烏蛇

今日のキーワード

主婦休みの日

1、5、9月の25日。年3回。株式会社サンケイリビング新聞社が制定。主婦にはリフレッシュ、ほかの家族には家事を提唱する。年末年始、ゴールデンウィーク、夏休みといった忙しい期間の後に設定されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

シマヘビの関連情報