シャア(読み)しゃあ

世界大百科事典 第2版の解説

しゃあ【シャア】

大分県臼杵市北部の都留(つる)に住む漁民を呼ぶ俗称。1605年(慶長10)に,当時の安芸国能地(のうじ)(,三原市内)から移住した平家舎人(とねり)の車者の子孫であるという伝承がある。シャアという呼称も車者に由来するとされている。《関秘録》巻5には,〈車捨は豊後に居す。など商ひける者なり。百姓の交もならず。尤縁をもむすばず。其類計にて暮す。(中略)魚など売るにもしゃあよしゃあよと呼〉とある。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

大学入試センター試験

国立大学の共通第1次学力試験制度は、1979年度に導入された。入学試験を第1次と第2次とに分け、第1次試験は大学入試センターが共通学力試験を実施。第2次試験は各大学がきめ細かな入学者選抜を行うことを目...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

シャアの関連情報