コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シャウディン シャウディン Schaudinn, Fritz

3件 の用語解説(シャウディンの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

シャウディン
シャウディン
Schaudinn, Fritz

[生]1871.9.19. レーゼニンケン
[没]1906.6.22. ハンブルク
ドイツ微生物学者。 1894年ベルリン大学で学位取得。同大学講師 (1898) を経て,ベルリンの帝国衛生院原生動物学部長 (1904) 。アメーバ赤痢の病原体である Entamoeba histolytica (赤痢アメーバ) と無害な類縁種 E.coliを初めて区別し,1904年に赤痢アメーバを自分のからだに感染させて発病に成功,05年には梅毒の病原体を発見してスピロヘータ・パリダと命名 (現在はトレポネーマ・パリドゥムという) するなど,病原虫の研究を通して,原生動物学の確立に寄与した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

シャウディン【Fritz Richard Schaudinn】

1871‐1906
ドイツの原生動物学者。1905年に皮膚科学者ホフマンE.Hoffmannとともに梅毒の病原体スピロヘータ・パリダSpirochaeta pallidaを発見したことでとくに知られる。東プロイセンに生まれ,ベルリン大学で動物学を学ぶ。卒業後,病原性原虫類の研究に従事,熱帯赤痢がアメーバEntamoeba histolyticaでおこることを証明したほか,マラリアについても知見を得た。1905年3月3日,ホフマンが病巣より得た材料からスピロヘータを発見(のちTreponema pallidumと称する)し公表した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

シャウディン
しゃうでぃん
Fritz Schaudinn
(1871―1906)

ドイツの動物学者。ベルリン大学で動物学を学ぶ。卒業後、いろいろな大学、研究所を転々として研究し、その業績が認められて1906年にハンブルクの航海・熱帯衛生研究所の原生動物研究部門の部長になったが、同年6月若くして死亡した。赤痢アメーバと無害の大腸アメーバ、アフリカ睡眠病マラリア病およびコクシジウム症(家畜などの下痢)の病原虫の形態、増殖、生活史に関する研究はどれも国際的な名声を博した。とくに梅毒の病原体(細菌)の発見(1905)は著名である。ほかに、自由生活のアメーバ、有孔虫、タイヨウチュウ類の分類、核、生理などについても研究した。1902年に原生生物の専門誌『原生生物学論叢(ろんそう)Archiv fr Protistenkundeを創刊した。これは現在も刊行されている。[片島 亮]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のシャウディンの言及

【性病】より

…79年にナイサーAlbert L.S.Neisser(1855‐1916)は淋菌を発見し,さらに89年にはデュクレーAugusto Ducrey(1860‐1932)は軟性下疳菌を発見した。つづいて1905年F.R.シャウディンとホフマンErich Hoffmann(1868‐1959)は梅毒トレポネマを検出した。おくれて鼠径リンパ肉芽腫の病原体として,36年宮川米次らにより宮川小体が発見された。…

【梅毒】より

… 性病は,近代の細菌学の発達によって,それぞれの病原菌が確定されるまでは,正確な区別がなされていなかった。梅毒が他の性病と区別されるようになったのは,1905年にF.R.シャウディンとホフマンErich Hoffmann(1868‐1959)により梅毒トレポネマが発見されて以後のことである(はじめスピロヘータ・パリダと命名,のちにトレポネマ・パリズムと改称)。1910年P.エールリヒ,秦佐八郎によって有機ヒ素剤であるサルバルサンが開発され,初めての化学療法剤として梅毒の治療に用いられたが,治療効果は不十分であり,副作用が多発した。…

※「シャウディン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

シャウディンの関連キーワード是認何故にカプレーゼラーゼニュスカーコロナーダセリントレオニンキナーゼセリントレオニンホスファターゼグラゼニオリゼニンシスタチオニンプルゼニ・レーニン工業会社

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone