コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シュタムラー Stammler, Rudolf

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

シュタムラー
Stammler, Rudolf

[生]1856.2.19. アルスフェルド
[没]1938.4.25. ベルニンゲローデ
ドイツの法哲学者。新カント派の代表的学者で 20世紀の法哲学界に新風を吹込んだ。 1882年以来マールブルクその他の大学の法哲学の教授を歴任。主著『経済と法』 Wirtschaft und Recht (1896) において社会的理想主義の立場から唯物史観を批判し,『正法の理論』 Die Lehre von dem richtigen Rechte (1902) では,内容の変化する自然法という観念を確立した。『法哲学教科書』 Lehrbuch der Rechtsphilosophie (22) は,彼の所論を整理し概説したものである。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

シュタムラー(Rudolf Stammler)

[1856~1938]ドイツの法哲学者。新カント学派の法哲学を樹立。著「経済と法」「法哲学教科書」など。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

シュタムラー

ドイツの法哲学者。マールブルク,ハレ,ベルリン大学等の教授を歴任。新カント学派マールブルク学派に属し,カントの批判的方法を推し進めて法の純粋形式を求め,正法(自由に意欲する人びとの共同体により規定される秩序)の理念に基づく法理論体系を樹立した。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

シュタムラー【Rudolf Stammler】

1856‐1938
ドイツの法哲学者。H.コーエン,P.ナトルプなどの影響を受けた,新カント学派(マールブルク学派)法哲学の創始者の一人。マールブルク大学,ギーセン大学,ハレ大学,ベルリン大学の各教授。法実証主義を批判し,法理念の考察の必要性を説いた。そのためカントの批判主義の方法を導入し法の純粋形式の探究に努めた。法の概念を,いっさいの経験内容を捨象した〈不可侵的で自主的に結合する意欲〉に求め,普遍妥当的な法理念として〈自由に意欲する人々の共同体〉の理念を示した。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

シュタムラー【Rudolf Stammler】

1856~1938) ドイツの法学者。新カント派哲学と唯物論を総合した法哲学を樹立。主著「法と経済」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

367日誕生日大事典の解説

シュタムラー

生年月日:1856年2月19日
ドイツの法哲学者
1938年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

シュタムラーの関連キーワードサレーユ生年月日修正主義恒藤恭

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android