コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シュナーベル シュナーベル Schnabel, Artur

8件 の用語解説(シュナーベルの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

シュナーベル
シュナーベル
Schnabel, Artur

[生]1882.4.17. リプニック
[没]1951.8.15. アクセンシュタイン
オーストリアピアニスト,作曲家。ウィーンで T.レシェティツキに学び,ベートーベンシューベルトブラームスの卓越した解釈で名演奏家として活躍。 1925~33年ベルリン音楽学校教授。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

シュナーベル
シュナーベル
Schnabel, Ernst

[生]1913.9.26. ツィッタウ
[没]1987.1.25. ベルリン
ドイツの作家。子供の頃から水夫生活を体験,世界中を航海したといわれる。小説『船と星』 Schiffe und Sterne (1943) などのほか,メルビルの作品の翻訳や放送劇がある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

シュナーベル
シュナーベル
Schnabel, Franz

[生]1887.12.8. マンハイム
[没]1966.2.25. ミュンヘン
ドイツの歴史家。 1922年カルルスルーエ工科大学教授,バーデン国立文書館長となったが,自由主義者として 36年ナチスにより罷免。戦後しばらく北部バーデン地域の文教行政にあたったが,47年ミュンヘン大学教授に招聘され,62年まで近代史を講じた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

シュナーベル
シュナーベル
Schnabel, Johann Gottfried

[生]1692.11.7. ビッターフェルト,ザンダースドルフ
[没]1752頃.シュトルベルク/ハルツ
ドイツの作家。小説『フェルゼンブルク島』 Die Insel Fersenburg (4部,1731~43) はドイツ版ロビンソン・クルーソーとして有名。ロマン派ティークにより再評価され,広く読まれた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

シュナーベル
シュナーベル
Schnabel,Julian

[生]1951. ニューヨーク
アメリカの画家。ヒューストン大学卒業後,ニューヨークでコックとして働くかたわら,2度渡欧,ガウディの建築に強い印象を受けた。 1978年ジュッセルドルフで最初の個展を開く。翌年ニューヨークで個展を開き,画面に皿をはりつけた作品を発表,一躍注目を浴びた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

シュナーベル

オーストリア生れのピアノ奏者,作曲家,音楽教師。少年時代からウィーンで学び,8歳でデビュー。1925年―1933年ベルリン高等音楽学校教授。1933年ナチスの台頭とともにスイスに移住,1939年−1945年ニューヨークにも暮らし1944年米国市民権を取得。
→関連項目フォイアマン

シュナーベル

ニュー・ペインティングを代表する米国の画家。ニューヨーク生れ。抽象からミニマル・アートコンセプチュアル・アートへと絵画的図像を捨象し観念的な方向性を強めてきた米国の戦後美術界に,1980年代に入って突如として絵画的イメージが蘇る。
→関連項目新表現主義

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

大辞林 第三版の解説

シュナーベル【Julian Schnabel】

1951~ ) アメリカの芸術家。ニュー-ペインティングの代表的作家。言葉の意味や素材のメッセージ性を鑑賞者に問いかけることを重視する作風で知られる。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

シュナーベルの関連キーワードベルンハイムインハイワイカースハイムマックス・フォン・オッペンハイム男爵シャンハイムーンハイデンハイム・オペラ・フェスティバルシュターミツ カール・フィリップマンハイム気象学会《マンハイム・ジャーナル》マンハイム様式

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

シュナーベルの関連情報