コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シュニッツラー Schnitzler, Arthur

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

シュニッツラー
Schnitzler, Arthur

[生]1862.5.15. ウィーン
[没]1931.10.21. ウィーン
オーストリアの劇作家,小説家。ユダヤ系の有名な医者の息子として生れ,いったん医師を職業としたが,31歳から文筆に専念。はなやかで退廃的な世紀末のウィーンを舞台に,精神分析的手法によって男女の性愛を大胆に扱った作品を次々と発表,「若きウィーン」派を代表する作家として一世を風靡した。小説では内的独白の手法を取入れ,注目を浴びた。しかし戯曲『輪舞』 Reigen (1900) が風俗を乱すものとして上演,出版を禁止されたのをはじめとして,ユダヤ人であることもあって,不当な弾圧を繰返し受けた。主著,戯曲『アナトール』 Anatol (1893) ,『恋愛三昧』 Liebelei (95) ,中編小説『死』 Sterben (95) ,短編『グストル中尉』 Leutnant Gustl (1901) ,長編『広野への道』 Der Weg ins Freie (08) ,『テレーゼ』 Therese (28) ,『闇への逃走』 Flucht in die Finsternis (31) など。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

シュニッツラー(Arthur Schnitzler)

[1862~1931]オーストリア小説家劇作家。精緻(せいち)な心理分析で、退廃的、享楽的な男女の姿を描いた。戯曲「アナトール」「輪舞」、小説「テレーゼ」など。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

シュニッツラー

オーストリアの作家。医師を職とし,フロイトと交遊があり,その心理分析に大きな関心を示した。ウィーン情緒と世紀末の退廃的風潮を巧みに描出し,《アナトール》《恋愛三昧》などの戯曲のほか,短編にすぐれ,筆禍事件を起こした《グストル中尉》や《エルゼ嬢》は内的独白の手法で注目される。
→関連項目オフュルス新ロマン主義バディム

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

シュニッツラー【Arthur Schnitzler】

1862‐1931
オーストリアの作家,劇作家。ウィーンに生まれた。父は医師。ウィーン大学で医学を修め,医師になる。催眠術深層心理学に関心をもち,これが作家としての方法に影響を及ぼした。戯曲では,七つ一幕物からなる《アナトール》(1893)が,小人数の会話に人物の揺れ動く内面を優雅で淡い憂鬱なタッチで描き,世紀末ウィーンの雰囲気をアイロニカルに映し出した。続いて《恋愛三昧》(1895)のはかない恋,《緑のおうむ》(1899)の仮象と現実の交錯する奇怪な世界,そして10人の人物が2人ずつ登場し,生の倦怠を表現しつつ各場面をつなぐ《輪舞》(1900)と,微妙な陰影に富む作品が生まれた。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

シュニッツラー
しゅにっつらー
Arthur Schnitzler
(1862―1931)

オーストリアの小説家、劇作家。5月15日、ウィーン生まれ。生涯を生地ウィーンで過ごし、そこに住む同時代人の愛欲と死をメランコリックに描いた。裕福なユダヤ系知識階級の出身で、初めはウィーン大学医学部教授の父を継いで医者になった。しかし精神医学や催眠術に関心をもち始めてから文学に深く携わるようになり、一幕物連作『アナトール』(1893)の成功によって本格的に創作の道に入った。この作品は、表面的にはエピキュリアンだが内面的にはペシミストである上流青年「気軽なふさぎ屋」が、下町の「可憐(かれん)なおぼこ娘」や上流「社交婦人」と繰り広げる刹那(せつな)的恋愛遊戯図である。なおこの3人は同テーマの戯曲『恋愛三昧(ざんまい)』(1896)や『輪舞』(1900)をはじめとして、後の多くの作品にも出てくる作者特有の人物類型である。また中編『死』(1895。森鴎外(おうがい)訳『みれん』)や短編『死人に口なし』(1897)、『ギリシアの踊子』(1902)などの印象主義的小説は、ドイツ文学に数少ない心理小説の傑作に数えられている。これら初期の活動によって文学史上ホフマンスタールとともに「若きウィーン派」の代表者とみなされている。ベルリンを中心に台頭していたハウプトマンらの自然主義文学と違って、感覚重視の唯美主義的流派である。軍人侮辱で作者の士官の身分が剥奪(はくだつ)された短編『グストル少尉』(1901)や後期の問題作『令嬢エルゼ』(1924)には文芸学上「内的独白」とよばれる深層心理の表現技法が用いられている。後者は性欲の抑圧による女性のヒステリー発作を扱った中編で、リビドー(性的欲求)を取り上げた中編『ベアーテ夫人とその息子』(1913)と並んでフロイトの精神分析の影響が強くみられる。ほかに長編『自由への途(みち)』(1908)などのユダヤ人問題が絡むもの、中編『カザノバの帰旅』(1918)などの人間の老いを扱ったもの、戯曲『緑のオウム』(1899)や中編『夢の物語』(1926)などの現実と夢が交錯するもの、女の一生を扱った長編『テレーゼ』(1928)などがある。1931年10月21日没。わが国では明治以来、森鴎外や山本有三(ゆうぞう)をはじめとして多くの研究者によって翻訳紹介が行われている。[井上修一]

短編

シュニッツラーは没落するハプスブルク帝国の都ウィーンと切り離すことができない。彼の文学はこの町の臨床報告書でもある。ことに退嬰(たいえい)的な男女の姿を描いた短編には、終末期を迎えた都の病理がみごとに映し出されている。人物たちはすでに己の人生を切り開く生命力を失っている。怒りは爆発することなく消え(『栄誉の日』)、嫉妬(しっと)が嫉妬として結実せず(『ギリシアの踊子』)、不義の自覚が贖罪(しょくざい)の意識にまで高まらない(『死人に口なし』)。彼らには感情を燃焼させるだけのエネルギーもないのである。生が生として充実しないから、死もまた空疎であって無気力の延長線上にとどまる(『死』)。しかしこういう内容だけならば、他の作家にも類似作品をみつけることはさしてむずかしくないだろう。シュニッツラー短編の醍醐味(だいごみ)は、こうした人々の姿を古典的な格調を備えた典雅な文体で包んだところにある。文体の美的完成度とそれによって描かれる精神の退廃との落差から、全編に濃厚なデカダンスの雰囲気が醸し出され、芸術は生んだが社会の活力を失ったウィーンの姿とみごとに重なり合ってくるのである。[井上修一]
『森鴎外他訳『シュニツラー選集』全5巻(1951・実業之日本社)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

シュニッツラーの関連キーワードシュトラウス(Oscar Straus)リチャード ベーア・ホフマンタンジェリン・ドリームオスカー シュトラウスフィッシャー[会社]マックス オフェルスベーア・ホーフマンベール=ホーフマンホフマンスタールオーストリア文学オーストリア演劇ベーア・ホフマンハルトレーベンキューブリック若きウィーン三井 光弥ドイツ演劇ブルク劇場ドイツ文学武田 正憲

今日のキーワード

歌舞伎町ブックセンター

東京都新宿区歌舞伎町にある、ホストやホステスが書店員として接客する書店。歌舞伎町でホストクラブを運営するスマッパグループの事務所1階にあるイベント・カフェスペース「jimushono1kai」に併設さ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

シュニッツラーの関連情報