コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シュメン Shumen/Шумен

デジタル大辞泉の解説

シュメン(Shumen/Шумен)

ブルガリア北東部の都市。トラキア人や古代ローマ帝国の要塞に起源し、第一次ブルガリア帝国シメオン1世の時代に文化・宗教の中心地として栄えた。18世紀後半から19世紀前半にかけて、ロシアに対する防衛機能の強化が図られた。オスマン帝国時代のイスラム寺院トンブルジャーミヤ、歴史博物館、シュメン要塞などがある。タバコ、ビール、皮革製品の製造が盛ん。シューメン

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

シュメンの関連キーワードクリントン(Hillary Rodham Clinton)アート・アンサンブル・オブ・シカゴユナイテッド・アイリッシュメンポスト・トゥルース(脱真実)バネッサ レッドグレーブマス・コミュニケーションエスタブリッシュメントサザン・ストラテジージャン プルーヴェヴァシル コラロフダーニシュメンド朝ウェクスフォード県ベリキプレスラフマイケル コースビーチ・ボーイズアイルランド問題リタ クーリッジアイルランド反乱コングロマリットヨハネス(2世)

今日のキーワード

奨学金破産

学生が国の奨学金制度を利用したものの、返済の目途が立たずに自己破産すること。国内の自己破産の総件数は2003年をピークに減少傾向にあるが、このうち奨学金関連の破産は3000人前後の状況が続いており、1...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android