コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シュライエルマッハー Schleiermacher, Friedrich Ernst Daniel

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

シュライエルマッハー
Schleiermacher, Friedrich Ernst Daniel

[生]1768.11.21. ブレスラウ(現ポーランド,ウロツワフ)
[没]1834.2.12. ベルリン
ドイツのプロテスタントの牧師,神学者,哲学者。近代神学の父と呼ばれる。少年時代にヘルンフート兄弟団で教育を受け,ハレ大学で神学を学び,1804年同大学助教授。 10年ベルリン大学の創立とともに神学教授となった。処女作『宗教論』 Über die Religion (1799) はロマン主義者の共感を呼び,ことに F.シュレーゲルと親交を結んだ。宗教学的には,宗教の本質を「絶対的依存感情」に求め,キリストは敬虔の完全な具現であるゆえに,人間の永遠の原型であり,救いの原型であるという,キリスト中心主義を打立てた。主著『キリスト教信仰』 Der christliche Glaube nach den Grundsätzen der evangelischen Kirche (2巻,1821~22) は 19世紀のプロテスタント神学の基礎となった。哲学的には,無限者との対比において個体性,人格性の意義を積極的に認め,独自の哲学体系を構想した。また感情,気分を重視した彼の美学は現代になって再評価されている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

シュライエルマッハー(Friedrich Ernst Daniel Schleiermacher)

[1768~1834]ドイツの神学者・哲学者。19世紀におけるプロテスタント神学の第一人者とされる。宗教を哲学と道徳から区別して宇宙の直観と感情の領域とみなし、その本質は無限者に対する絶対依存の感情にあると説いた。著「宗教論」「キリスト教的信仰」など。シュライアマハー。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

シュライエルマッハー【Friedrich Ernst Daniel Schleiermacher】

1768~1834) ドイツの思想家。宗教の本質は超越的実在への「絶対依存の感情」にあると主張して宗教的観念論を展開。解釈学や弁証法を理論として深化させたほか、プラトン全集の独訳でも有名。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

シュライエルマッハー
しゅらいえるまっはー

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

シュライエルマッハーの関連キーワード新プロテスタント主義聖書釈義と聖書解釈学カッテンブッシュエルランゲン学派キリストの三職位マッキントッシュフンボルト大学ウォッバーミンアテネーウム自由主義神学シュトラウス大瀬甚太郎シェーダーリッチュル万物帰新説ブルンナーネアンダー文化教育学ディルタイ牧会神学

今日のキーワード

ラニーニャ現象

《La Niña events》赤道付近のペルー沖から中部太平洋にかけて、数年に1度、海水温が平年より低くなる現象。低下する温度差はエルニーニョ現象での上昇温度差より一般的に小さい。→ダイポールモード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android