コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シューブ シューブ exacerbation; Schub

4件 の用語解説(シューブの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

シューブ
シューブ
exacerbation; Schub

急性増悪のこと。結核の慢性経過中,病状が急速に悪化することをいう。毒力の強い結核菌が,一時的に安定していた病巣から一時に多量放出され,健康な肺葉をおかし進展する。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

シューブ(〈ドイツ〉Schub)

シュープとも》病状が急速に悪化・拡大をみせること。肺結核で多くみられる。急性増悪。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

シューブ【Schub[ドイツ]】

結核の進展様式に用いられる言葉で,〈階段状に〉という意味のドイツ語schubweiseを簡略化した慣用語である。結核の進展の様式にはリンパ行性転移血行性転移管内性転移の三つの様式があるが,肺結核においては,管内性転移の一つである気管支性転移により進展する場合が多い。すなわち,結核性空洞から散布された結核菌は気管支を経て,一般に肺の上から下へ,後方から前方へと進展し,ときには対側肺にも新しい病巣を形成する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

シューブ
しゅーぶ

語源はドイツ語のSchubであるが、医学および医療の社会では、むしろ日本語化して用いられているもので、肺結核症の経過中に、自覚症状および他覚症状が急激に悪化することをいう。毒力の強い結核菌が、過労などの個体の抵抗力の低下を誘因として、新たに広がり、病変を拡大するときにおこるとされている。[渡辺 裕]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

シューブの関連キーワード胸郭成形術抗結核剤俚言通り言葉文言葉用語位相語島言葉サルーぶぶ霰

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

シューブの関連情報