コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シューマッハー シューマッハーSchumacher, Fritz

7件 の用語解説(シューマッハーの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

シューマッハー
シューマッハー
Schumacher, Fritz

[生]1869.11.4. ブレーメン
[没]1947.11.5. リューネブルク
ドイツの建築家。ミュンヘンベルリン工業学校に学んだ。 1899~1908年ドレスデン高等工業学校教授。ハンブルクをはじめ,多くの大都市都市計画にたずさわり,学校,公園,市庁舎など公共建築物を設計。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

シューマッハー
シューマッハー
Schumacher, Kurt

[生]1895.10.13. ウェストファーレンクルム
[没]1952.8.20. ハノーバー,バートピールモント
ドイツ社会民主党の指導者。ハレ,ライプチヒ,ベルリンの諸大学で学び,第1次世界大戦で右腕を失った。 1918年社会民主党に入党。 20年ウュルテンベルク州の党機関紙編集長,次いでドイツ社会民主党機関紙『フォアベルツ』の編集長となった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

シューマッハー
シューマッハー
Schumacher, Ernest Friedrich

[生]1911.8.16. ボン
[没]1977.9.4. スイスフリブール
ドイツ生れのイギリスの経済学者。 1930年オックスフォード大学で経済学を学んだあと,コロンビア大学で経済学の講義を担当するが,実践的知識を求めて農業やジャーナリズムにもたずさわる。 37年にナチス・ドイツを逃れイギリスに亡命。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

シューマッハー(Kurt Schumacher)

[1895~1952]ドイツの政治家。社会民主党国会議員としてヒトラー政権を批判し、投獄された。第二次大戦後は同党再建に尽力し、1946年から委員長を務めた。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

シューマッハー

ドイツの建築家。ブレーメン生れ。ドレスデン工業大学教授を務めたのち,ハンブルクやケルンの土木建築監督として公共建築や都市計画を手がけた。ドイツ工作連盟の設立に参加。

シューマッハー

ドイツの政治家。第1次大戦後ドイツ社会民主党に入り,機関紙編集長,国会議員となったがナチス政権下では12年間収容所に拘禁された。戦後西ドイツで党を再建,党首(1946年―1952年)として反共民主主義と自主外交を唱え続け,アデナウアー好敵手でもあった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

大辞林 第三版の解説

シューマッハー【Schumacher】

〔Ernst Friedrich S.〕 ⇒ シュマッハー
〔Kurt S.〕 (1895~1952) ドイツの政治家・経済学者。第二次大戦後、社会民主党を再建して党首となり、民主主義の実現に貢献した。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

シューマッハーの関連キーワード藩学一覧女性参政権実業之日本伊庭八郎大村益次郎神代直人デ・ロング松平容大実業之日本地方巡察使

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

シューマッハーの関連情報