コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ショ糖 ショとう sucrose

翻訳|sucrose

3件 の用語解説(ショ糖の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ショ糖
ショとう
sucrose

化学式 C12H22O11サッカロースともいう。食用として多量に生産されている糖。D-グルコースとD-フルクトースグリコシド結合した代表的な二糖類。植物体に広く存在するが,特にサトウキビサトウダイコンに多く含まれ,工業生産の原料となっている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

栄養・生化学辞典の解説

ショ糖

 C12H22O11 (mw342.30).

 スクロース,サッカロースともいう.グルコースと,フルクトースで構成される二糖.還元性はない.一般に砂糖といい,最も広く用いられている甘味料.テンサイ,サトウキビなどからとる.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ショ糖
しょとう / 蔗糖

甘蔗(かんしょ)糖、すなわち甘蔗(サトウキビ)からとった砂糖のことで、サッカロースともよばれる。今日では工業的に、テンサイ(サトウダイコン)やサトウカエデ(砂糖楓)などからもつくられる。いわゆる砂糖の主成分である。[不破英次]

人体との関係

速効性のカロリー源として重要であり、また、人間にもっともなじみの深い甘味料である。しかし、カロリー摂取過剰の状態でショ糖をとりすぎると、糖尿病など生活習慣病(成人病)の原因となり、また子供の過剰摂取は、う歯(むし歯)の原因となる。小腸粘膜の微絨毛(びじゅうもう)上にあるスクラーゼ・イソマルターゼ複合体の作用で膜消化され、グルコースとフルクトースとなり吸収される。[不破英次]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ショ糖の関連キーワードサッカロースエスカロープサッカロミセスシッカロール草サッカー蔗糖ミニサッカーサッカロピンサッカロイダルサッカロミケス

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ショ糖の関連情報