コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シライトソウ Chionographis japonica Maxim.

2件 の用語解説(シライトソウの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

シライトソウ【Chionographis japonica Maxim.】

穂状花序に白い花をブラシ状につけるユリ科の美しい多年草イラスト)。和名は白色の白い花被片を白糸になぞらえたもの。学名のchionoは雪のような,graphisは筆という意味で,やはり花にちなんだ名である。花茎は高さ25~65cmで,線形の葉をまばらにつける。花被片は6枚あり,そのうち約4枚が線形で開出し,白色でよく目だつ。花は5~6月。花茎は単一で,基部には常緑の根出葉がたくさんつく。地下茎は短く,直立または斜上する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

シライトソウ
しらいとそう / 白糸草
[学]Chionographis japonica Maxim.

ユリ科の多年草。地下茎は短い。葉は根際から出て叢生(そうせい)する。葉柄があり、先は鈍くとがり、縁(へり)は小さな波状を呈する。茎は高さ30~70センチメートル。花は両性花と雌性花があり、5~6月、穂状花序に多数つく。花被片(かひへん)は白色で線形、上部の3、4枚は下部の2、3枚に比べ長い。花被片の長さは個体により変異が大きい。関東地方、新潟県以西の本州、四国、九州および朝鮮半島南部の山林中に生育する。名は、花被片が白糸を思わせるのでいう。変種アズマシライトソウは、上部の花被片は長さ2~2.5ミリメートルで関東地方の山中に生育する。[河野昭一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

シライトソウの関連キーワード穂状花序総状花序尾状花序無限花序白糸草総穂花序高砂百合稚児百合無花果状花序姫藪蘭

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

シライトソウの関連情報