コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シライトソウ Chionographis japonica Maxim.

世界大百科事典 第2版の解説

シライトソウ【Chionographis japonica Maxim.】

穂状花序に白い花をブラシ状につけるユリ科の美しい多年草(イラスト)。和名は白色の白い花被片を白糸になぞらえたもの。学名のchionoは雪のような,graphisは筆という意味で,やはり花にちなんだ名である。花茎は高さ25~65cmで,線形の葉をまばらにつける。花被片は6枚あり,そのうち約4枚が線形で開出し,白色でよく目だつ。花は5~6月。花茎は単一で,基部には常緑根出葉がたくさんつく。地下茎は短く,直立または斜上する。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

シライトソウ
しらいとそう / 白糸草
[学]Chionographis japonica Maxim.

ユリ科の多年草。地下茎は短い。葉は根際から出て叢生(そうせい)する。葉柄があり、先は鈍くとがり、縁(へり)は小さな波状を呈する。茎は高さ30~70センチメートル。花は両性花と雌性花があり、5~6月、穂状花序に多数つく。花被片(かひへん)は白色で線形、上部の3、4枚は下部の2、3枚に比べ長い。花被片の長さは個体により変異が大きい。関東地方、新潟県以西の本州、四国、九州および朝鮮半島南部の山林中に生育する。名は、花被片が白糸を思わせるのでいう。変種アズマシライトソウは、上部の花被片は長さ2~2.5ミリメートルで関東地方の山中に生育する。[河野昭一]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

シライトソウの関連キーワード穂状花序

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android