コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シラクザ

百科事典マイペディアの解説

シラクザ

イタリア南部,シチリア島南東岸の港湾都市。古代ギリシア名はシュラクサイSyrakousai。ブドウ酒,オリーブ油の製造,製塩などが行われる。古代ギリシア,ローマの遺跡が多く,観光地としても著名。
→関連項目ディオニュシオス[1世]

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

シラクザ【Siracusa】

イタリア南部,シチリア島の都市。同名県の県都。人口12万7496(1994)。オリーブ,かんきつ類等の農産物の集散地であり,観光地でもある。古代ギリシア語ではシュラクサイSyrakousaiといい,日本ではシラクサと呼びならわしている。 ギリシアの植民都市として前734年に建設されたといわれる。当初その市域はオルテュギア島に限定されていたが,まもなく自らの植民都市を建設するまでになった。前485年,ゲラ出身の僭主ゲロンGelōnは内部の抗争に乗じて権力を掌握し,黄金時代を築く。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

シラクザの関連キーワードディオニュシオス[1世]ネアポリ考古学公園シチリア[島]アルキメデスアンコナ

今日のキーワード

ブラックフライデー

米国などで、感謝祭(11月第4木曜日)の翌日の金曜日のこと。休日とする職場が多く、商店にとってはクリスマス商戦の初日に当たる。「ブラック」は、買い物客による混雑、または黒字を連想させることから。→サイ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android