シラベ

百科事典マイペディアの解説

シラベ

シラビソとも。東北地方南部〜四国の亜高山帯にはえるマツ科の常緑高木。樹皮は灰白色,樹脂が多い。葉は線形で先はわずかにくぼみ,裏は白い。雌雄同株で,6月開花。果実は円柱形で,秋,暗青紫色に熟す。材は建築,器具,土木用材,パルプとし,樹は庭木,クリスマス・ツリーとする。
→関連項目オオシラビソ

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典内のシラベの言及

【トドマツ(椴松)】より

…しかし,若い造林木は寒風と晩霜の害を受けやすいので,大面積皆伐跡地やくぼ地を避け,あるいは保護樹帯を設けて植栽する必要がある。 近縁のシラビソA.veitchii Lindl.(英名Veitch’s silver fir,別名シラベ)(イラスト)は高さ40mに達し,球果は暗青紫色でやや小さく,球果上部の苞鱗のみ超出する。福島県吾妻山以南の関東・中部地方太平洋側と紀伊半島大峰山系および四国脊梁(せきりよう)山系の亜高山帯に分布し,富士山や八ヶ岳には広大な純林もみられる。…

※「シラベ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ゲーム障害

オンラインゲームなどへの過度な依存により日常生活に支障をきたす疾病。インターネットやスマートフォンの普及でオンラインゲームなどに過度に依存する問題が世界各地で指摘されていることを受け、世界保健機関(W...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

シラベの関連情報