コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シリコーン樹脂 シリコーンじゅし silicone resin

4件 の用語解説(シリコーン樹脂の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

シリコーン樹脂
シリコーンじゅし
silicone resin

ケイ素樹脂とも呼ばれる。主鎖がシロキサン結合から成る重合体の総称。 200℃以下では変化しない熱安定性があるうえ,被覆力があって水をはじく性質をもっており,また電気の絶縁性もある。したがって,耐熱性ゴム,防水加工剤として,また高温や水中で利用するモータなどの絶縁に使うこともある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

シリコーン‐じゅし【シリコーン樹脂】

三次元の網状構造をもつ樹脂状のシリコーン。電気絶縁材料耐熱塗料・接着剤などに用い、酸素をよく通すので人工腎臓コンタクトレンズなどにも利用。珪素(けいそ)樹脂。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

シリコーンじゅし【シリコーン樹脂】

シリコーンの一。ゴム状・ワニス状・グリース状・油状のものがあり、低温から高温(摂氏マイナス80~260度)まで安定。電気絶縁物・耐熱性塗料・接着剤・防水剤などに用いる。珪素樹脂。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

シリコーン樹脂
しりこーんじゅし
silicone resin

ケイ素樹脂ともいわれ、シリコーンのなかで三次元の網状構造をもったものである。有機の基Rとしてメチル基フェニル基とが一般的であり、トリクロロシランRSiCl3とジクロロシランR2SiCl2を、希望の割合で混合したところに、トルエンなどの溶媒を加え、加水分解してRSi(OH)3とR2Si(OH)2のシラノールを共縮合させて架橋網状構造物をつくる。
 シリコーン樹脂は一般に耐熱性、耐湿性、耐腐食性、耐候性、耐薬品性に優れているが、機械的強度はあまり大きくない。電気絶縁材料(電線被覆)、成形品、耐熱性塗料、医療用器具などに用いられる。[垣内 弘]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のシリコーン樹脂の言及

【ケイ素樹脂(珪素樹脂)】より

…シリコーンともいう。化学式に示したR,R′あるいは重合度nを変えることによって,油状(シリコーン油),ゴム状(シリコーンゴム),樹脂状(狭義のケイ素樹脂,シリコーン樹脂)と多様に変化する。なお中心元素であるケイ素はシリコンsiliconと表現される。…

※「シリコーン樹脂」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

シリコーン樹脂の関連キーワードシリコーンゴムシロキサン尿素樹脂フッ素樹脂珪素樹脂アロキサン糖尿シリコン樹脂ケイ素樹脂(珪素樹脂)酸化ケイ素(酸化珪素)ケイ素樹脂塗料

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

シリコーン樹脂の関連情報