シル・ダリヤ[川](読み)シルダリヤ

百科事典マイペディアの解説

シル・ダリヤ[川]【シルダリヤ】

アム・ダリヤと並ぶ中央アジアの大河。古代ギリシア語でヤクサルテス,アラビア語でセイフンと呼ばれた。天山山脈に発したナリン川とカラ・ダリヤがフェルガナ盆地東部で合流しシル・ダリヤとなり,キジルクム砂漠を北西流,アラル海に注ぐ。キルギス,ウズベキスタン,タジキスタン,カザフスタンの各共和国を流れ,全長2212km(支流ナリン川水源からは3019km)。数ヵ所に水力発電所が建設され,また多くの灌漑(かんがい)運河の水源となっており,流域は綿花の大生産地。蒸発量と取水量が多いためアラル海の水位低下が著しい。
→関連項目イリ[川]ウズベキスタンキプチャク・ハーン国タシケント

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

今日のキーワード

ビル風

高層建築物の周辺でみられる、建物による風の乱れをいう。風向の変化のほかに風速の強弱によって表される。一般には、高層ビルの周辺で吹く強い風をさすことが多い。 風の強くなる場合として次の三つがある。(1)...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android