コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シロウリ

栄養・生化学辞典の解説

シロウリ

 [Cucumis melo var. conomon].スミレ目ウリ科キュウリ属のつる性一年草.20〜30cmになる.食用にする.

出典|朝倉書店栄養・生化学辞典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

シロウリ

ウリ科の一年生の野菜。マクワウリの一変種で,全体によく似ているが,果実は大きく,長さ20〜30cm,芳香や甘味がない。普通栽培のほか早熟・抑制・促成栽培がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

シロウリ
しろうり / 白瓜
[学]Cucumis melo L. var. conomon Makino

ウリ科の一年生つる草。中国またはインド原産で、果菜として栽培される。アオウリ、ツケウリともいう。マクワウリの1変種で、植物体はマクワウリとほとんど同じであるが、もっぱら漬物用とされる。変種名のconomonは日本語の「香(こう)の物(もの)」に由来する。果実が熟するまでは緑色を保つのでアオウリ(青瓜)ともよばれ、果実が完熟すると白くなるのでシロウリとよばれる。中国古代の越(えつ)地方で古くから栽培されていたので中国名は越瓜で、日本に伝わってのちも越瓜の字をあてている。日本への渡来は古く、『大和本草(やまとほんぞう)』(918)に記載がある。現在栽培される品種には、白瓜、ヘチマ、堅瓜(かたうり)、黒門(くろもん)などがある。果実は円筒形で大きさは品種によりさまざまで、長さ60センチメートル、直径15センチメートルになる大果品種もある。栽培は直播(じかま)き、または苗を仕立てて移植し、地面にはわせてつくる。シロウリは本つるに雌花がつきにくく、子づるか孫づるの第1節に雌花がつくので、本葉4~5枚で摘心し、子づるも8~12葉で摘心して孫づるの第1節に実をつけさせる。青果用や糠(ぬか)漬け用には開花後15~20日の15センチメートルほどの幼果を収穫し、奈良漬け用には果実表面の毛が落ちて、すこし白みを帯びたときに収穫する。[星川清親]

食品

シロウリの主要な用途は漬物用で、奈良漬け、みそ漬け、浅漬けなどにされる。浅漬けには緑色の濃い品種が好まれ、奈良漬けには果肉の厚い大形の品種が適する。果実の芯(しん)をくりぬき、昆布やニンジンなどを詰めて漬け、輪切りにすると、巻きずしのような切り口になる趣向の漬物もある。青果としては、酢の物、和(あ)え物のほか、肉詰めにしてスープ煮やバター煮などにされる。雷干(かみなりぼ)しはシロウリの果実を螺旋(らせん)状に切って干したものである。[星川清親]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

シロウリの関連キーワードメロントウガラシマクワウリサクランボメロンDJREMO-CONナシナシオウレン(黄蓮∥黄連)クリ(栗)

シロウリの関連情報