コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シロスジカミキリ(英語表記)Batocera lineolata

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

シロスジカミキリ
Batocera lineolata

鞘翅目カミキリムシ科。体長 40~54mmの大型のカミキリムシ。体は黒色で,大部分が灰色の微毛におおわれる。前胸背中央部の2縦条,小楯板,上翅のやや不規則な斑点および短い条線は,生時は黄色であるが,死後日がたつと白色になる。中胸背両側にそれぞれ鋭い円錐形の棘状突起がある。上翅基部には黒色の顆粒を密布する。幼虫鉄砲虫と呼ばれ,シイ,カシ,クリ,ナラなどの樹幹を穿孔する大害虫である。また幼虫にはウマノオバチが寄生する。本州,四国,九州,朝鮮,中国,台湾に分布する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

シロスジカミキリ

カミキリムシ科の甲虫の1種。体長50mm内外,灰黒色または灰褐色の地に黄または白斑がある。北海道を除く日本,朝鮮,中国,台湾に分布。幼虫はテッポウムシ(鉄砲虫)といい,ナラ,クヌギ,カシ,クリなどの幹に食い入る。樹幹中で数年を過ごし,晩秋に成虫になりそのまま越冬,翌年の初夏に外界に現れる。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

シロスジカミキリ
しろすじかみきり / 白条天牛

昆虫綱甲虫目カミキリムシ科フトカミキリ亜科に属する昆虫。本州、四国、九州、奄美大島(あまみおおしま)などのほか朝鮮半島、台湾、中国にも分布する。体長45~52ミリメートル。日本最大のカミキリムシである。体表は灰色の短毛で覆われ、上ばねに淡黄色(死後白くなる)の斑紋(はんもん)があり、体の側面に同色の縦条がある。平地から低山地に多く、成虫は6~8月に現れ、クリ、クヌギ、カシ、シイなどの木におり、雌はそれらの幹に横列にかみ傷をつけて1卵ずつ産み付ける。幼虫は樹皮下から材部に孔(あな)をあけて食害し、木くずを孔から出す。3年目の秋に蛹(さなぎ)から成虫になって越冬し、翌年外に出る。成虫はよく飛んで樹液に集まり、また灯火にくることもある。長い産卵管で有名なウマノオバチはこの幼虫に産卵して寄生する。卵にはトビコバチの一種が寄生するという。[中根猛彦]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のシロスジカミキリの言及

【カミキリムシ】より

…ヒゲナガカミキリの雄の触角は13cmにも達し,日本産の種ではもっとも長い。体長は2mm以下のものから15cmを超えるものまで見られ,日本産の種ではシロスジカミキリ(イラスト)が52mmに達し最大。シロスジカミキリの幼虫はクヌギ類の幹に穿孔(せんこう)する。…

※「シロスジカミキリ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android