コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シロスジカミキリ シロスジカミキリ Batocera lineolata

3件 の用語解説(シロスジカミキリの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

シロスジカミキリ
シロスジカミキリ
Batocera lineolata

鞘翅目カミキリムシ科。体長 40~54mmの大型のカミキリムシ。体は黒色で,大部分が灰色の微毛におおわれる。前胸背中央部の2縦条,小楯板,上翅のやや不規則な斑点および短い条線は,生時は黄色であるが,死後日がたつと白色になる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

シロスジカミキリ

カミキリムシ科の甲虫の1種。体長50mm内外,灰黒色または灰褐色の地に黄または白斑がある。北海道を除く日本,朝鮮,中国,台湾に分布。幼虫はテッポウムシ鉄砲虫)といい,ナラ,クヌギ,カシ,クリなどの幹に食い入る。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

シロスジカミキリ
しろすじかみきり / 白条天牛

昆虫綱甲虫目カミキリムシ科フトカミキリ亜科に属する昆虫。本州、四国、九州、奄美大島(あまみおおしま)などのほか朝鮮半島、台湾、中国にも分布する。体長45~52ミリメートル。日本最大のカミキリムシである。体表は灰色の短毛で覆われ、上ばねに淡黄色(死後白くなる)の斑紋(はんもん)があり、体の側面に同色の縦条がある。平地から低山地に多く、成虫は6~8月に現れ、クリ、クヌギ、カシ、シイなどの木におり、雌はそれらの幹に横列にかみ傷をつけて1卵ずつ産み付ける。幼虫は樹皮下から材部に孔(あな)をあけて食害し、木くずを孔から出す。3年目の秋に蛹(さなぎ)から成虫になって越冬し、翌年外に出る。成虫はよく飛んで樹液に集まり、また灯火にくることもある。長い産卵管で有名なウマノオバチはこの幼虫に産卵して寄生する。卵にはトビコバチの一種が寄生するという。[中根猛彦]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のシロスジカミキリの言及

【カミキリムシ】より

…ヒゲナガカミキリの雄の触角は13cmにも達し,日本産の種ではもっとも長い。体長は2mm以下のものから15cmを超えるものまで見られ,日本産の種ではシロスジカミキリ(イラスト)が52mmに達し最大。シロスジカミキリの幼虫はクヌギ類の幹に穿孔(せんこう)する。…

※「シロスジカミキリ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

シロスジカミキリの関連キーワードトラカミキリトラフカミキリ菊吸天牛桑天牛杉天牛天牛擬天牛黒天牛虎天牛花天牛

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

シロスジカミキリの関連情報