シロッコ(読み)しろっこ(英語表記)sirocco 英語

日本大百科全書(ニッポニカ)「シロッコ」の解説

シロッコ
しろっこ
sirocco 英語
scirocco イタリア語

地中海もしくは北アフリカを低気圧が東進するとき、これに先だってサハラ砂漠のほうから北アフリカ、マルタ島、シチリア島、南イタリアと吹き渡ってゆく南もしくは南東の風をいう。シロッコということばはアラビア語のsharqすなわち東に由来する。この風は北アフリカに吹くときは乾いていて熱いが、これはシロッコとはいわず土地の人はショムchom(暑)とかアリフィarifi(乾き)とかいい、局地風名としてはカムシンkhamsinという。この風は地中海を吹き渡る間にしだいに湿気を帯び、ヨーロッパ側に達するころには霧や雨を伴う風となる。シロッコは各地域でさまざまな変形した呼び名をもつ。ポルトガルではハルコxaroco、スペインではソラノsolano、ハロックjaloque、ハロックxaloque、フランスではオータンautan、ギリシアではガルビスgarbisという。またローヌ川のデルタ地帯では暖かい雨を伴う南東風をエイセロeisseroとよんでいる。

[根本順吉]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「シロッコ」の解説

シロッコ
scirocco

地中海中部から東部の海岸地方に吹く暖かい南または南東風。非常に湿度が高く,高温な風で雨を伴うことが多い。低気圧が地中海を西から東に進むとき,その前面では南寄りの風が吹き込むが,これは南方または南東方の砂漠地方からの高温で乾燥した風で,海上を吹走する間にしだいに湿潤となる。南イタリアでは春に,アドリア海北方では 3月から 7月に多く発生する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

精選版 日本国語大辞典「シロッコ」の解説

シロッコ

〘名〙 (scirocco sirocco) アフリカ北部に発して、南イタリア・シチリア島その他、地中海周辺の地方に吹きわたる南東の熱風。
※即興詩人(1901)〈森鴎外訳〉山寨「巽風(シロッコ)吹く頃の夕立をも、雪ふぶきをも凌ぎし衾ぞとて」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

百科事典マイペディア「シロッコ」の解説

シロッコ

地中海沿岸に吹く高温の南風。特にシチリアおよび南イタリアの乾燥した風が有名。ときに多量の湿気を含むこともある。地中海を東に進む低気圧の暖域に発生する風で,国,地域により呼び名が違う。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典内のシロッコの言及

【風】より

… サンタ・アナSanta Anaアメリカのカリフォルニア州南部サンタ・アナ地方に吹くフェーンを伴った北寄りの乾熱風。 シロッコscirocco∥sirocco地中海北岸に吹く暖かい南または南東風。サハラ砂漠の熱帯気団が北上し,初めは乾燥しているが海を渡るうちに高温多湿(40℃以上になることがある)となり,霧や雨,ときにはサハラ砂漠の砂塵を伴って吹く。…

【ギリシア】より

…イオニア海に面した西斜面の方ではいくらか雨量が多いため森林が発達しており,北部とくにマケドニア,トラキア地方の平野部では冬の気温も低下して大陸的気候の性格を帯びる。古来,夏の乾燥をもたらすエテジアイ(北風),冬の温暖なシロッコ(南風)などの地方風が住民の生活に影響を与えている。 全人口の95%がギリシア人である。…

※「シロッコ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

緑酒

〘名〙 緑色の酒。よい酒。うまい酒の色としていう。※菅家文草(900頃)五・雨晴対月「緑酒猶催醒後盞、珠簾未レ下暁来鈎」※一高寮歌・嗚呼玉杯に花うけて(1902)〈矢野勘治〉「嗚呼玉杯に花うけて 緑酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android