コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シロフクロウ シロフクロウ Bubo scandiacus; snowy owl

3件 の用語解説(シロフクロウの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

シロフクロウ
シロフクロウ
Bubo scandiacus; snowy owl

フクロウ目フクロウ科。全長雄 52~64cm,雌 59~66cmの大型のフクロウ。雌の方が体は大きく,褐色斑の数も多い。成鳥では雄はほとんど白色で,や頭部などにわずかに褐色斑があるが,雌は顔を除くとほとんど全身に褐色斑がある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

シロフクロウ

フクロウ科の鳥。翼長44cm。雄は全身ほぼ純白で,雌と若鳥は白地にこげ茶色の斑紋がある。寒冷地に適応し,足には長い羽毛が生える。ユーラシアと北米の北極圏ツンドラに生息し,一部は冬季に南へ渡る。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

シロフクロウ
しろふくろう / 白梟
snowy owl
[学]Nyctea scandiaca

鳥綱フクロウ目フクロウ科の鳥。北極圏で繁殖する大形フクロウで、羽色は全体に白く、黒っぽい横縞(よこじま)がある。全長50~60センチメートル。ツンドラ地帯の荒れ地や沼沢地にすみ、夜だけでなく昼間も狩りをする。飛翔(ひしょう)はタカ類のように軽妙で、地上のレミング(タビネズミ)をおもにとって食べる。地上にじかに産卵し、産卵数や産卵回数はレミングの数によって変動する。普通5~6卵、レミングが多い年には13卵も産むことがあり、しかも2回繁殖する。一方、レミングの数が非常に少ない年には、まったく繁殖しないこともある。日本には、まれな冬鳥として北海道や本州に渡来する。[樋口広芳]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

シロフクロウの関連キーワード木の葉木菟島梟白梟面梟こうふくろうずふくぶくろうふくろうフクロウ(梟)メンフクロウ(仮面梟)

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

シロフクロウの関連情報