コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シンハラジャ森林保護区 シンハラジャしんりんほごく Sinharaja Forest Reserve

3件 の用語解説(シンハラジャ森林保護区の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

シンハラジャ森林保護区
シンハラジャしんりんほごく
Sinharaja Forest Reserve

スリランカ南部,ラトナプーラガールの中間に位置する森林保護区。面積 76km2。熱帯低地雨林地帯に属し,1960年代まで人間の入り込まないところであったため,きわめて貴重な生態系が残された「生物の宝庫」となっている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

シンハラジャ‐しんりんほごく【シンハラジャ森林保護区】

Sinharaja Forest Reserve》スリランカ南部にある国立公園。ゴンドワナ大陸に起源する豊かな森林が広がり、セイロン島固有の動植物の宝庫として知られる。1988年に世界遺産自然遺産)に登録。主な観光拠点はサバラガムワ州の州都ラトゥナプラ。シンハラージャ森林保護区。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界遺産詳解の解説

シンハラジャしんりんほごく【シンハラジャ森林保護区】

1988年に登録された世界遺産(自然遺産)。スリランカの南部にシンハラジャ(ライオンの王)と呼ばれる熱帯雨林が残っている。そのうち、面積約76km2におよぶエリアが1970年代末から森林保護区となっている。この保護区内でスリランカ固有の植物830種のうち約500種を見ることができる。また、セイロンムクドリ、オオリスなどの動物も生息している。とりわけ、鳥類の固有種が多いのが特徴である。こうした豊かな森は、森林の伐採やゴムや茶のプランテーションが切り拓かれたことで、その面積を大きく減らし、往時の10分の1になっている。現在、この森の保護は「足跡以外は残してはいけない。写真以外はとってはいけない」というほど徹底したものになっている。この森で暮らしてきた地元の人々による甘味料をつくるためのクジャクヤシの樹液の採集だけが唯一許されている。◇英名はSinharaja Forest Reserve

出典|講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

シンハラジャ森林保護区の関連キーワードキナバル山スルツエイヘンダーソン島コモド国立公園世界自然遺産複合遺産自然遺産ソコトラ諸島スカイレール世界遺産登録

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone