コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ジェーンズ ジェーンズ Janes, Leroy Lansing

6件 の用語解説(ジェーンズの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ジェーンズ
ジェーンズ
Janes, Leroy Lansing

[生]1838.3.27. オハイオトレントン
[没]1909.3.27.
アメリカ人御雇外国人教師。南北戦争に従軍,砲兵大尉となり退役。のち横井太平の依頼により G.F.フェルベックの紹介で 1871年熊本洋学校に招かれて来日,英語を教えたが,教職のかたわら,日曜ごとに自宅で聖書の講義を行い,熊本バンドを組織し,小崎弘道宮川経輝横井時雄金森通倫海老名弾正浮田和民徳富猪一郎 (蘇峰) らを育てた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

ジェーンズ Janes, Leroy Lansing

1838-1909 アメリカの教育者。
1838年3月27日生まれ。明治4年(1871)熊本洋学校教師として来日。自宅で聖書を講義し,教えをうけた海老名弾正,徳富蘇峰ら35名がキリスト教に入信,熊本バンドを結成した。これが原因で洋学校は閉鎖され,10年帰国。26年再来日し,三高などで英語教師をつとめた。32年帰国。1909年3月27日死去。71歳。オハイオ州出身。陸軍士官学校卒。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

ジェーンズ

没年:1909.3.27(1909.3.27)
生年:1838.3.27
熊本洋学校教師。熊本バンドの生みの親アメリカ・オハイオ州の生まれ。退役陸軍砲兵大尉。明治4(1871)年お雇い教師として来日。英国ラグビー校風の教育をもって強い影響を与え,9年,生徒35人が郊外花岡山でキリスト教をもって祖国を救おうという奉教趣意書に署名・誓約をした。これが原因で洋学校は閉鎖されるが,その多くは京都同志社英学校に移って熊本バンドと呼ばれ,その中から,宮川経輝,金森通倫,徳富蘇峰,海老名弾正,横井時雄など,のちに宗教界のみならず政財界,言論界に活躍する特異な人材が輩出した。<参考文献>田中啓介他編『ジェーンス熊本回想』

(村井実)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ジェーンズ【Leroy Lansing Janes】

1838‐1909
アメリカの教育家。陸軍士官学校を卒業,南北戦争に従軍し,士官学校で教え,大尉として退官した。熊本藩の招きで,西欧の学問を教えるために1871年来日し,熊本洋学校の教頭となった。キリスト教的信念に立つ全人格教育を唱え,寄宿舎で学生と生活を共にし,厳しいが豊かな愛情で生活訓練をし,彼らの品性と能力をひき出す開発教育をした。海老名弾正,徳富蘇峰ら彼の感化によりキリスト教に入信し,多方面で活躍した者は多い。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ジェーンズ【Le Loya Janes】

1838~1909) アメリカの宣教師。熊本洋学校に教師として招かれ、小崎弘道・海老名弾正らに感化を与えた。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ジェーンズ
じぇーんず
Le Loya Janes
(1838―1909)

熊本のプロテスタントグループ熊本バンドの生みの親となったアメリカ人教育者。南北戦争歴戦の勇士で、砲兵大尉であったが、1871年(明治4)フルベッキの勧めで熊本洋学校教師として来日、アメリカ陸軍兵学校(ウェスト・ポイント)式の厳しい教育を行った。同時に自宅で聖書講義を開き、1年後には強固な信仰のグループを育成するに至った。このなかには、明治・大正期のキリスト教の代表的指導者海老名弾正(えびなだんじょう)、近代の代表的ジャーナリストで評論家徳富蘇峰(とくとみそほう)らがいた。彼のキリスト教は倫理的実際的色彩の強いものであったといわれる。のち大阪英学校に転じ、いったん帰国後93年(明治26)に再来日し、第三高等学校の英語教師を務めた。[金井新二]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のジェーンズの言及

【熊本バンド】より

…熊本洋学校は横井小楠の流れをくみ,洋学を教え,国家に有為の人物養成を目ざして自由で規律ある開発教育をした。その教学上の責任者ジェーンズの感化でキリスト教に入信した35名は,1876年奉教趣意書に署名し,キリスト教による人民の啓蒙教化を誓い合った。このため迫害が起こり,彼らの多くは同志社に移った。…

※「ジェーンズ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ジェーンズの関連キーワード熊本バンド横井時雄生みの親・産みの親生みの親より育ての親熊本洋学校生みの親熊本県熊本市中央区水前寺公園家永豊吉福島綱雄山崎為徳

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ジェーンズの関連情報