コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ジグモ ジグモ Atypus karschi

3件 の用語解説(ジグモの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ジグモ
ジグモ
Atypus karschi

クモ綱クモ目ジグモ科。雌の体長 2cm,長い牙を加えると 2.5cmぐらいになる。雄はやや小さい。体は黒褐色で,腹部は紫色を帯びる。樹木の根もと,塀や石垣などの薄暗いところに,下半が地中に伸びる長い管状の住居をつくる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ジグモ

ツチグモ,ハラキリグモフクログモなどとも。蛛形(ちゅけい)綱ジグモ科の1種。体長雄12mm,雌18mmくらい。焦茶色。樹木の根ぎわや塀(へい)の土ぎわに細長い袋状の巣を作る。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ジグモ
じぐも / 地蜘蛛
purse-web spider
[学]Atypus karschi

節足動物門クモ形綱真正クモ目ジグモ科に属するクモ。地中生活をするクモで薄暗いところの板塀、灯籠(とうろう)、樹木の下部に細長い袋をつくってすむ。袋の地上部は網の役目、地中部は住居にあたる。小さい虫などが地上部の袋に止まると、クモは底からあがってきて袋越しにかみついて袋の中に引き入れる。とらえた虫をいったん底に運び、ふたたびあがってきて破れた袋を修理する。体は濃褐色で、大きいあごと鋭い牙(きば)がある。体長雌1.8センチメートル、雄1.3センチメートル。雄の体を二つに折り曲げると自分の腹に牙を突き立てるのでハラキリグモとかサムライグモともよばれる。そのほか、ズボズボ、フクログモ、ツチグモなど各地で方言が多い。
 ガラス瓶かプラスチックなど透明な箱に土を入れ、壁面に沿って棒でくぼみをつくり、その中へクモを入れておくと、袋をつくるようすを観察できる。野外でもなんらかのくぼみを利用して掘り始めるらしく、くぼみをつくらないで飼育すると、けっして袋をつくることはない。長期間絶食に耐えるので飼育しやすい。日本全国に広く分布し、子供たちに親しまれている。ジグモの近縁種で形態もよく似たワスレナグモは地面に穴を掘ってすむが、袋が地上部にはなく、入口から放射状の信号糸が出ている。[八木沼健夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ジグモの関連キーワード蜘蛛黄金蜘蛛小町蜘蛛子守蜘蛛笹蜘蛛地蜘蛛戸閉蜘蛛袋蜘蛛棘蜘蛛葉蜘蛛

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ジグモの関連情報