コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ジチゾン dithizone

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ジチゾン
dithizone

ジフェニルチオカルバゾン C6H5-N=N-CS-NH-NH-C6H5 の別称。青黒色結晶性粉末。ビスマス,カドミウム,銅,鉛,亜鉛,水銀などの抽出比色試薬でクロロホルム溶液として用いることが多い。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ジチゾン【dithizone】

コバルト,銅,鉛,水銀など数種の重金属の高感度分析試薬。とくに鉛の微量定量分析に使用される。化学名はジフェニルチオカルバゾンである。168℃で分解。青黒色の単斜晶系結晶で,分子は結晶中でも溶液中でもほぼ平面構造をとり,多重結合性は分子全体に分布している。 水に不溶,アルコールにはわずかに溶け,クロロホルム,四塩化炭素には容易に溶ける。溶液は一般に不安定であるが,表面を亜硫酸水で覆っておけば保存可能である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ジチゾン
じちぞん
dithizon

有機試薬の代表的なものの一つ。正しくはジフェニルチオカルバゾンという。黒紫色の結晶性粉末。水やエタノール(エチルアルコール)にはほとんど溶けないが、四塩化炭素、クロロホルムなどにはよく溶ける。にケト形の構造式を示す。カドミウム、銀、水銀、銅、亜鉛、鉛などの重金属イオンと反応して、水に溶けにくいキレート錯体の着色沈殿(黄褐色、赤色、紫色など)をつくるので、重金属イオンの検出、分離に用いられる。また沈殿はクロロホルムに溶けるので、比色定量に利用することができる。この種の試薬のうち、もっともよく研究されている。[務台 潔]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

ジチゾンの関連キーワードトリフェニルメチルラシッヒ法ホスフィンケチルアゾ化合物カルボニウムイオンチオフェノールトリフェニルクロロメタントリフェニルメタノールTPT

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android