コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ジメチルグリオキシム ジメチルグリオキシム dimethylglyoxime

4件 の用語解説(ジメチルグリオキシムの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ジメチルグリオキシム
ジメチルグリオキシム
dimethylglyoxime

化学式 (CH3-C=N-OH)2 。無色針状晶。ジアセチルからつくられる。融点 240~242℃。アルコールに可溶,水に不溶。ニッケルと赤色のキレート錯体をつくるので,ニッケルの定性や定量的検出剤として用いられる (→金属キレート化合物 ) 。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ジメチルグリオキシム(dimethylglyoxime)

金属イオン用の分析試薬の一。無色の粉末性結晶。水には溶けず、エタノールエーテルには溶ける。ニッケルパラジウムなどの分析に用いられる。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ジメチルグリオキシム【dimethylglyoxime】

ニッケルイオンの検出と定量に使用される代表的な分析用有機試薬。2,3‐ブタンジオンジオキシムまたはジアセチルジオキシムにあたる。融点240~241℃。ジアセチルモノオキシムとヒドロキシルアミンから得られる無色結晶。エチルアルコールと水の混合溶媒からは三斜晶系の結晶が得られる。水に不溶。アルコールエーテルピリジンアセトンに可溶。希薄溶液からでもニッケルとは鮮やかな深紅色の沈殿を生じるので重量分析が容易にできる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ジメチルグリオキシム
じめちるぐりおきしむ
dimethylglyoxime

金属イオン用分析試薬の一つ。ジアセチルジオキシムともいう。無色の粉末性結晶。水には不溶、エタノール(エチルアルコール)、エーテルには溶ける。1905年にチュガエフL. Chugaev(生没年未詳)により、ニッケルイオンの比色定性、定量分析に用いられた。有機試薬を分析に用いる先駆となった化合物である。ニッケル、コバルト、銅、鉄などの検出および比色定量用、パラジウムの検出および沈殿用の試薬として広く使われている。たとえば、ニッケルイオンはジメチルグリオキシムと1対2の割合で結合して、紅色の水に不溶な錯体をつくる。この錯体はクロロホルムにはよく溶けるので、クロロホルムの溶液としてニッケルの比色定量に利用する。[務台 潔]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ジメチルグリオキシムの関連キーワード錯イオンニッケルカルボニルニッケルクロム鋼グラムイオン珪ニッケル鉱ニッケル鋼フェーリング反応水素炎イオン化検出器熱イオン放出検出器デバイ‐ヒュッケルの式

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone