コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ジャガイモ飢饉 ジャガイモききんIrish Potato Famine

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ジャガイモ飢饉
ジャガイモききん
Irish Potato Famine

1845~49年アイルランドで,葉枯病によるジャガイモの不作のために起こった飢饉。19世紀にヨーロッパで発生した最悪の飢饉となった。アイルランドでは 1840年代初めには人口の約半分が食事のほとんどをジャガイモのみに頼るようになっていた。葉枯病菌が北アメリカから持ち込まれた 1845年,アイルランドは例年になく気温が低く湿度が高かったため病原菌が繁殖し,その年の収穫の大部分は畑で腐ってしまった。続く 1846~49年にはさらに深刻な不作に見舞われ,収穫のほぼすべてが葉枯病で失われた。農民を救済する費用は,もっぱらアイルランドの地主が負担したが,農民が地代を払えなかったため,地主の資金もすぐに尽きた。アイルランドを支配下に置いていたイギリスによる支援は,融資,無料食堂の運営資金援助,道路建設などの公共工事を通じた雇用創出にかぎられていた。アメリカ合衆国から輸入されたコーンミールは,餓死を防ぐ一定の効果があったものの,アイルランド人の口に合わなかったうえ,かたよった食事が栄養失調を引き起こした。イギリス政府は救済措置に総計約 800万ポンドを費やした。飢饉の間も,アイルランドの農民は食料を買う金がなかったため,穀物や肉など上質の食料を国外に輸出し続けた。この飢饉を境にアイルランドの人口は大きく変化した。1844年に約 840万人だった人口が 1851年には 660万人に減少した。飢えや発疹チフス,その他飢えによる病気により,約 100万人が死亡した。この飢饉の間に他国に渡ったアイルランド移民は,推計 200万人に上る。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

じゃがいもききん【ジャガイモ飢饉 Famine of 1845‐49】

アイルランドで,ジャガイモの疫病が原因で生じた大飢饉。北アメリカから伝播したこの疫病はヨーロッパ各地でジャガイモの収穫を減少させたが,住民の3分の1以上がほとんどジャガイモだけを主食としていたアイルランドでは,疫病は貧農の食物を奪うことになった。1845年9月から49年5月まで,47年を除いて疫病はジャガイモの凶作をもたらし,種いもまで食べつくしていっそうの減収を引き起こす,といった事態が続いた。しかし,穀類には影響がなく,この間にもイギリスへの食料輸出は続けられた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内のジャガイモ飢饉の言及

【飢饉】より

…さらに,凶作による食物価格の騰貴は手工業製品の販路をせばめ,織物業の不振を招いて多くの失業者を出すなど,経済活動全体に直接的な影響を及ぼした。19世紀に入っても,ヨーロッパの後進地域では,なお深刻な飢饉がみられ,例えば1846‐47年アイルランドを襲った〈ジャガイモ飢饉〉では,餓死者が100万を超えたという。 凶作・飢饉は,しばしば民衆の食糧蜂起を引き起こした。…

※「ジャガイモ飢饉」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ジャガイモ飢饉の関連キーワードセントパトリック大聖堂セントメアリー大聖堂青年アイルランド党スキバリーンスライゴコーブ

今日のキーワード

主婦休みの日

1、5、9月の25日。年3回。株式会社サンケイリビング新聞社が制定。主婦にはリフレッシュ、ほかの家族には家事を提唱する。年末年始、ゴールデンウィーク、夏休みといった忙しい期間の後に設定されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ジャガイモ飢饉の関連情報