コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ジャフナ Jaffna

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ジャフナ
Jaffna

スリランカ北端部,ジャフナ半島南西部の港町。ジャフナ県の県都。前 204年タミル人が侵入,のちタミル王国の首都となり,1617年ポルトガル人が占領,58年オランダ領,1795年イギリス領となった。現在でも北部タミル人居住地域の商業,行政,文化の中心地。港はジャフナ潟湖にのぞむ良港で,漁業のほか綿花,タバコ,木材,果物などを集散,インドやミャンマーなどとの沿岸貿易も行われる。オランダ人建設の砦 (1680) や聖堂 (1706) ,ジャフナ大学がある。コロンボと鉄道,道路で結ばれる。人口 12万 9000 (1990推計) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ジャフナ(Jaffna)

スリランカ北部の都市。北部州の州都。同国最北端、インド洋につながる潟湖を囲むジャフナ半島に位置する。タミル人が多く居住。13世紀から17世紀までジャフナ王国の都が置かれ、ポルトガル、オランダ、英国の支配を受けた。2009年の内戦終結までタミル人と政府軍の間で激しい戦闘が続いた。17世紀にオランダが築いたジャフナ要塞、同国最大級のヒンズー教寺院であるナルアカンダスワミ寺院、ジャフナ王国時代の宮殿跡などがある。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

ジャフナ

スリランカ北端,ジャフナ半島西岸の港湾都市。タバコ,綿花,木材を輸出する。前2世紀ごろタミル人が移住,現在も住民にタミル人が多い。13―16世紀,タミル人のジャフナ王国の都。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ジャフナ【Jaffna】

スリランカの北端にある行政県およびその中心都市の地名。県人口88万,市人口13万(1990)。ドラビダ語族タミル語母語とする住民が多く,13世紀から16世紀まで南部のシンハラ王朝とは別に,独立したジャフナ王国が存続していた。17世紀以降,ポルトガル,オランダおよびイギリスの順で植民地支配の根拠地のひとつとなり,キリスト教の布教と学校教育が他の地区よりも進展した。揚水灌漑による農業のほかにみるべき産業がなく,海外への移住労働者を多く送り出してきた。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ジャフナ
じゃふな
Jaffna

スリランカ北部の都市。セイロン島の北端に突き出るジャフナ半島の付け根に位置し、大きな潟に沿って発達する。人口12万9000(1990)。紀元前1世紀からタミル人が支配し、1617年ポルトガルが占領するまで続いた。現在でもタミル人の居住地域の中心である。市公会堂、警察、裁判所、県庁、財務庁、農水庁など多数の役所のほか大学もある。沿岸漁業の中心となる良港があり、ジャフナ半島で産する果物、農作物の集散地でもある。[吉野正敏]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ジャフナの関連キーワードナグレーシュワラム寺院A. サンムガダスカンケサントゥライカンタロダイ遺跡ネドゥンティブ島キーリマライの泉ナイナティブ島カライティブ島ポイントペドロスリランカタミル紛争プッタラムタミル問題ベラナイ島吉野正敏

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android