コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ジャン・ド・マン ジャン・ド・マン Jean de Meung

3件 の用語解説(ジャン・ド・マンの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ジャン・ド・マン
ジャン・ド・マン
Jean de Meung

[生]1240頃.マンシュルロアール
[没]1305以前.パリ
フランスの詩人。本名 Jean Chopinelまたは Clopinel。神学を修め,1275年頃,ギヨーム・ド・ロリスの『薔薇物語』 Roman de la Rose (1230~40頃) を未完と考え,1万 7722行の後編を加えた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ジャン・ド・マン

フランスの詩人。ギヨーム・ド・ロリスの《薔薇物語》を未完と考え,その続編として約1万8000行を書く。その文体は詩情に乏しく衒学(げんがく)的であるが,当時の新興市民階級の批判精神や反抗精神に富む哲学観を展開し,人間の理性と自然を尊重した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ジャン・ド・マン
じゃんどまん
Jean de Meung
(1240?―1305)

フランス中世の詩人、翻訳家。本名ジャン・ショピネルJ. Chopinel。ラテン作家の仏訳、2編の風刺詩、とりわけ『ばら物語後編』(1275~80)がある。寓意(ぐうい)的手法による優雅な恋愛術の物語であったギヨーム・ド・ロリスGuillaume de Lorris(1200/1210―40ころ)の『ばら物語』は、マンの自然哲学・脱神秘化の試みにより一貫して反ロリス的となり、あらゆるアイロニーに満ちたものに変わり、博識によって百科全書派的啓蒙(けいもう)主義の一面も示した。中世の物語文学に転機を画した。[神澤榮三]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ジャン・ド・マンの関連キーワードロアール川アゼールリドー城グレシュルロアングレシュルロワンショーモンシュルロアール城ショーモンシュルロワール城モレシュルロアンモレシュルロワンロアール渓谷ロアール館

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone