コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ジャン・ド・マン ジャン・ド・マンJean de Meung

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ジャン・ド・マン
Jean de Meung

[生]1240頃.マンシュルロアール
[没]1305以前.パリ
フランスの詩人。本名 Jean Chopinelまたは Clopinel。神学を修め,1275年頃,ギヨーム・ド・ロリスの『薔薇物語』 Roman de la Rose (1230~40頃) を未完と考え,1万 7722行の後編を加えた。典雅な宮廷趣味で貫かれた前編に比べ,後編は衒学的で道徳的教化的傾向が顕著になり,女性に対する大胆で痛烈な風刺も特徴である。ほかにラテン語の翻訳も数多く,なかでも中世に最も愛されたボエチウスの『哲学の慰め』の訳 (80頃) が有名。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

ジャン・ド・マン

フランスの詩人。ギヨーム・ド・ロリスの《薔薇物語》を未完と考え,その続編として約1万8000行を書く。その文体は詩情に乏しく衒学(げんがく)的であるが,当時の新興市民階級の批判精神や反抗精神に富む哲学観を展開し,人間の理性と自然を尊重した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ジャン・ド・マン
じゃんどまん
Jean de Meung
(1240?―1305)

フランス中世の詩人、翻訳家。本名ジャン・ショピネルJ. Chopinel。ラテン作家の仏訳、2編の風刺詩、とりわけ『ばら物語後編』(1275~80)がある。寓意(ぐうい)的手法による優雅な恋愛術の物語であったギヨーム・ド・ロリスGuillaume de Lorris(1200/1210―40ころ)の『ばら物語』は、マンの自然哲学・脱神秘化の試みにより一貫して反ロリス的となり、あらゆるアイロニーに満ちたものに変わり、博識によって百科全書派的啓蒙(けいもう)主義の一面も示した。中世の物語文学に転機を画した。[神澤榮三]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

ジャン・ド・マンの関連キーワードストラスブール大聖堂仁治藤原秀能ばら物語下松駅前地区市街地再開発事業ランディス・ギア生活保護受給者への医療扶助東建コーポレーションイブンアラビー延応