コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ジュアンドー Jouhandeau, Marcel

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ジュアンドー
Jouhandeau, Marcel

[生]1888.7.26. ゲレ
[没]1979.4.7. パリ郊外
フランスの小説家。ゴドー Godeauという人物を主人公とする一連の神秘的な小説によって,一部の批評家にその才能を高く評価されている。主著,3部作『シャミナドゥール』 Chaminadour (1934~41,決定稿 68) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ジュアンドー【Marcel Jouhandeau】

1888‐1979
フランスの小説家。クールーズ県の生れ。青年時代パッシーの高等中学校に勤めるかたわら小説を書き始めた。作品は三つの系列に大別することができる。第1は《テオフィールの青春》(1921)などの系列である。ここでは美と絶対に憧れ,宗教的問題に煩悶していた作者少年期が語られる。第2は《バンシュ――アナ》(1933)などの作品であり,これらでは学業のためパリと故郷の間を往復していたころの作者の鋭い人間観察と内省がみられる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ジュアンドー
じゅあんどー
Marcel Jouhandeau
(1888―1979)

フランスの小説家。自身を描く「ゴドー氏」Monsieur Godeauを中心に、架空の田舎(いなか)町シャミナドゥールに生活するさまざまな人々の苦悩に満ちた内面を、皮肉な寓意(ぐうい)を込めた神秘的新(ネオ)ロマン主義とよばれる文体で克明に描く作品群が大半を占める。『テオフィルの青春』(1921)、『パンサングラン家の姉妹』(1925)、『ゴドー氏の内面』(1926)、『結婚したゴドー氏』(1933)、『シャミナドゥール』3巻(1934~41)、『夫の記録』(1938)、『アンリ伯父』(1943)などがある。また、信仰者的あるいはモラリスト的観察に基づく多数の評論のほか、直接自己を語る『回想』7巻(1950~72)、『日づけのない日記』28巻(1961~83)などがある。[長澤孝廣]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ジュアンドーの関連キーワードジュアンドゥ7月26日

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android