コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ジョデル Jodelle, Étienne

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ジョデル
Jodelle, Étienne

[生]1532. パリ
[没]1573.7. パリ
フランスの劇作家,詩人。生涯についてはほとんど不明。プレイヤッドに参加。 1553年頃国王アンリ2世の前で悲劇『囚われクレオパトラ』 Cléopâtre captiveを上演,大成功を博し,宮廷付作者となったが,後年は不遇であった。ほかに,喜劇『ウジェーヌ』 Eugène (1552) ,ウェルギリウスに拠った悲劇『犠牲となるディド』 Didon se sacrifiant (55) がある。三一致の法則をほぼ遵守し,合唱を加えてギリシア劇を模倣し,17世紀古典悲劇の先駆をなしたといえる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ジョデル【Étienne Jodell】

1532‐73
フランスの詩人,劇作家。人文学者ミュレの教えるボンクール学寮に学ぶ。1552年に喜劇《ウジェーヌあるいは奇遇》を書き,中世の笑劇と隔絶して,古代喜劇を模範とする人文主義喜劇を創始するが,いまだ洗練された作品ではない。しかし53年にアンリ2世の前で上演した《囚われのクレオパトラ》は,ロンサールによりセネカの悲劇を継ぐ人文主義悲劇として高く評価され,プレイヤードの一員に加えられた。ギリシアやラテンの古典を多く援用し,劇行為は単純で,きわめて詠嘆的な作品である。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ジョデル
じょでる
tienne Jodelle
(1532―1573)

フランスの劇詩人。パリ生まれ。20歳の学生のとき、国王アンリ2世の前で自作の悲劇『囚(とら)われのクレオパトラ』Cloptre captiveと喜劇『ウージェーヌ』Eugne(ともに1553)を自ら出演して上演、その新味によって文学的事件として絶賛された。とくに前者は冗長で筋の運びも緩慢ではあるが、高貴な主題、十二音綴(じゅうにおんてつ)詩句(アレクサンドラン)alexandrinの使用、叙情性、五幕構成、三統一の規則(三一致の法則)など、後の古典悲劇の萌芽(ほうが)を含んでいる点で注目される。詩人集団プレイアード詩派に参加した。[伊藤 洋]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ジョデルの関連キーワードトールマン