コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ジル・ブラース物語 ジルブラースものがたり

百科事典マイペディアの解説

ジル・ブラース物語【ジルブラースものがたり】

ルサージュの長編小説。《Histoire de Gil Blas de Santillane》。1715年―1735年作。舞台をスペインに借りて主人公ジル・ブラースが貴族になるまでを波瀾万丈に描く一種の悪者(わるもの)小説

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ジル・ブラース物語
じるぶらーすものがたり
Histoire de Gil Blas de Santillane

フランスの小説家ルサージュの長編小説。全4巻。1715~35年刊。スペインの片田舎(かたいなか)に生まれた主人公のジル・ブラースは、17歳のとき故郷を出て、勉学のためサラマンカ大学に向かうが、その途上で実にさまざまなできごとに出くわし、運命のいたずらにもてあそばれることになる。フェリペ3世の宰相レルム公の秘書官になったかと思うと、公の失脚とともに彼も投獄の憂き目にあう。結婚して静かに余生を送ろうとすると、これもつかのま、今度はオリバレス公の寵臣(ちょうしん)となり、公とともに彼も出世と失墜とを繰り返す。このような経過をたどりながら、小説は、主人公が当初の世間的栄達という野心を捨て、人間的に成長していく過程を描いている。この意味で、スペインのピカレスク小説(悪者小説)に範を仰いでいることは明らかで、作中に配されるおびただしい挿話も、両者の深いつながりを物語っている。[市川慎一]
『杉捷夫訳『ジル・ブラース物語』全4冊(岩波文庫)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ジル・ブラース物語の関連キーワードピカレスク小説スモレット悪漢小説

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android