コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

スエード(英語表記)suède

翻訳|suède

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

スエード
suède

子ヤギ,子ウシなどの皮の内面バフ (サンドペーパー) で細かい毛羽 (けば) を一面に立てた柔らかいなめし皮。ハンドバッグ手袋,ベルト用。なお,成牛革の内面を毛羽立たせたものをベロア,革の表面 (銀面) を毛羽立たせたものをヌバック,シカ皮 (buck) を毛羽立たせたものをバックスキンと呼ぶ。

スエード
suède

織物の1種で,皮革スエードのような外観,触感に仕上げ加工したもの。おもに綿や化学繊維などを二重織の厚手の生地にし,表面に細かい毛羽立て加工を施す。用途は紳士・婦人用コート,ジャンパー,手袋,靴甲布,ハンドバッグなど。スエードはフランス語スウェーデンの意で,スウェーデン製の手袋に始った名称。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

スエード(〈フランス〉suède)

子牛・子ヤギなどの裏皮を短くけばだたせた柔らかい皮革。手袋・ジャンパー・靴などに用いる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

スエード【suède】

小山羊やぎ・小牛などの裏皮をけばだたせたなめし革。柔らかで靴・手袋などに用いる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

スエード
すえーど
sudeフランス語

子牛、山羊(やぎ)、羊などの皮をクロムなめしし、皮面をサンドペーパーなどでこすって毛羽立てて、ビロードのように柔らかい手触りに仕上げた革。そのビロード状の面を表にして、靴の甲革、ハンドバッグ、衣服、手袋などに用いられる。毛足が細く短く柔らかいものが好まれ、子牛皮を用いたものをスエードカーフ、子山羊皮製をスエードキッドという。毛足の長いものはベロアとよび区別している。ベロアは成牛皮を用いたものが多い。また、木綿や合成繊維を起毛し、スエード革に似せたものもスエードといい、手袋などに使われる。語源はフランス語で、国名スウェーデンの意といわれる。[田中俊子]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

スエードの関連情報