スエード(読み)すえーど(英語表記)suède フランス語

日本大百科全書(ニッポニカ)「スエード」の解説

スエード
すえーど
suède フランス語

子牛、山羊(やぎ)、羊などのをクロムなめしし、皮面をサンドペーパーなどでこすって毛羽立てて、ビロードのように柔らかい手触りに仕上げた革。そのビロード状の面を表にして、の甲革、ハンドバッグ、衣服、手袋などに用いられる。毛足が細く短く柔らかいものが好まれ、子牛皮を用いたものをスエードカーフ、子山羊皮製をスエードキッドという。毛足の長いものはベロアとよび区別している。ベロアは成牛皮を用いたものが多い。また、木綿や合成繊維を起毛し、スエード革に似せたものもスエードといい、手袋などに使われる。語源はフランス語で、国名スウェーデンといわれる。

[田中俊子]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「スエード」の解説

スエード
suède

織物の1種で,皮革のスエードのような外観,触感に仕上げ加工したもの。おもに綿や化学繊維などを二重織の厚手の生地にし,表面に細かい毛羽立て加工を施す。用途紳士・婦人用コート,ジャンパー,手袋,靴甲布,ハンドバッグなど。スエードはフランス語でスウェーデンの意で,スウェーデン製の手袋に始った名称

スエード
suède

子ヤギ,子ウシなどの皮の内面バフ (サンドペーパー) で細かい毛羽 (けば) を一面に立てた柔らかいなめし皮。靴,ハンドバッグ,手袋,ベルト用。なお,成牛革の内面を毛羽立たせたものをベロア,革の表面 (銀面) を毛羽立たせたものをヌバック,シカ皮 (buck) を毛羽立たせたものをバックスキンと呼ぶ。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

精選版 日本国語大辞典「スエード」の解説

スエード

〘名〙 (suède) なめし革の一種。子山羊・子牛などの皮の裏側をけばだてたもので、手袋・婦人靴などに用いる。
※女であること(1956)〈川端康成〉あなた、たいへん「紺のスエドのハイ・ヒールで、古い町通りを、ゆっくり歩いた」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

百科事典マイペディア「スエード」の解説

スエード

子牛や子ヤギの皮をクロムなめしし,その裏面をベルベットのように起毛したもの。柔らかく,靴の甲革,ハンドバッグ,衣料用とされる。起毛した毛足の長いものをベロアという。→皮/革
→関連項目フロック加工ベロア

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

今日のキーワード

ケッペンの気候区分

ケッペンが1918年に考案した世界の気候区分法。植物分布に注目し、熱帯気候(符合A)・乾燥気候(B)・温帯気候(C)・冷帯気候(D)・寒帯気候(E)に区分した。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android