コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

スエード スエードsuède

翻訳|suède

6件 の用語解説(スエードの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

スエード
スエード
suède

子ヤギ,子ウシなどの皮の内面をバフ (サンドペーパー) で細かい毛羽 (けば) を一面に立てた柔らかいなめし皮。靴,ハンドバッグ,手袋,ベルト用。なお,成牛革の内面を毛羽立たせたものをベロア,革の表面 (銀面) を毛羽立たせたものをヌバック,シカ皮 (buck) を毛羽立たせたものをバックスキンと呼ぶ。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

スエード
スエード
suède

織物の1種で,皮革のスエードのような外観,触感に仕上げ加工したもの。おもに綿や化学繊維などを二重織の厚手の生地にし,表面に細かい毛羽立て加工を施す。用途は紳士・婦人用コートジャンパー,手袋,靴甲布,ハンドバッグなど。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

スエード

子牛や子ヤギの皮をクロムなめしし,その裏面をベルベットのように起毛したもの。柔らかく,靴の甲革,ハンドバッグ,衣料用とされる。起毛した毛足の長いものをベロアという。
→関連項目フロック加工ベロア

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

スエード
すえーど
sudeフランス語

子牛、山羊(やぎ)、羊などの皮をクロムなめしし、皮面をサンドペーパーなどでこすって毛羽立てて、ビロードのように柔らかい手触りに仕上げた革。そのビロード状の面を表にして、靴の甲革、ハンドバッグ、衣服、手袋などに用いられる。毛足が細く短く柔らかいものが好まれ、子牛皮を用いたものをスエードカーフ、子山羊皮製をスエードキッドという。毛足の長いものはベロアとよび区別している。ベロアは成牛皮を用いたものが多い。また、木綿や合成繊維を起毛し、スエード革に似せたものもスエードといい、手袋などに使われる。語源はフランス語で、国名スウェーデンの意といわれる。[田中俊子]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

スエードの関連情報