コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

スキクダ Skikda

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

スキクダ
Skikda

旧名フィリップビルアルジェリア北東部,地中海にのぞむ港湾都市。ローマ時代にはルシカーデと呼ばれ,キルタと呼ばれた現在のコンスタンティーヌ外港であったが,1838年再びコンスタンティーヌの外港として再建された。サハラ砂漠のトゥグールトにいたる鉄道,ならびに砂漠を越えてナイジェリアにいたる道路の起点。海岸平野から産するワインや柑橘類,内陸高原の小麦や羊毛,オアシスナツメヤシ,チュニジアとの国境地帯で採掘される鉄鉱石やリン鉱石の積出港として発展。現在では輸出のためにハシルメルから天然ガスパイプライン (575km) ,また,メスダールからはハシメサウドを経由する石油パイプライン (747km) が引かれ,天然ガスの液化プラントや石油化学コンビナートなどが建設された。同国最大のローマ劇場遺跡がある。人口 12万 8747 (1987推計) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

スキクダ(Skikda)

アルジェリア北東部の港湾都市。地中海のストラ湾に面する。旧称フィリップビル。古くから良港として知られ、第二次大戦後はサハラの石油・天然ガスのパイプラインの終点となり、同国最大の輸出港となった。石油化学、食品、水産加工業などが盛ん。建築家ル=コルビュジェが設計した庁舎と駅がある。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

スキクダ

アルジェリア北東部,地中海岸の港湾都市。旧名フィリップビル。鉄道の起点で,サハラの石油,天然ガス・パイプラインの終点。農産物の輸出港。水産加工,製粉,オリーブ油製造などが行われる。
→関連項目コンスタンティーヌ

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

スキクダ【Skīkuda】

アルジェリア東部地中海岸にある工業・港湾都市。人口12万9000(1987)。フランス植民地時代はフィリップビルPhilippevilleと称した。ストラ湾西奥にあり,冬季北西の波浪を避け得るため古くから良港として発達し,1838年フランスによって新市街がつくられた。第2次大戦後サハラの石油・天然ガスが開発され,油田・ガス田からのパイプラインの終点となり,この国第一の輸出港となっている。石油精製,ガス液化,食品,化学,機械などの工業がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

スキクダ
すきくだ
Skikda

北アフリカ、アルジェリア北東部の地中海岸にある港湾・工業都市。スキクダ県の県都。人口15万2335(1998)。フランス植民地時代はフィリップビルPhilippevilleと称した。ストラ湾西奥に位置し、冬の強い北西風による波浪を避けうるため古くから良港として栄えた。第二次世界大戦後、サハラ砂漠の油田、天然ガス田からのパイプラインの終点となり、アルジェリア第一の輸出港となっている。石油精製、ガス液化、食品、化学、機械などの工業が立地する。[藤井宏志]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

スキクダの関連キーワードコンスタンティーヌ県ハッシメサウドカビリア地方コルビュジェ

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android