コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

スキクダ スキクダ Skikda

5件 の用語解説(スキクダの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

スキクダ
スキクダ
Skikda

旧名フィリップビル。アルジェリア北東部,地中海にのぞむ港湾都市ローマ時代にはルシカーデと呼ばれ,キルタと呼ばれた現在のコンスタンティーヌの外港であったが,1838年再びコンスタンティーヌの外港として再建された。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

スキクダ(Skikda)

アルジェリア北東部の港湾都市。地中海のストラ湾に面する。旧称フィリップビル。古くから良港として知られ、第二次大戦後はサハラの石油・天然ガスパイプラインの終点となり、同国最大の輸出港となった。石油化学、食品、水産加工業などが盛ん。建築家ル=コルビュジェが設計した庁舎と駅がある。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

スキクダ

アルジェリア北東部,地中海岸の港湾都市。旧名フィリップビル。鉄道の起点で,サハラの石油,天然ガス・パイプラインの終点。農産物の輸出港。水産加工,製粉,オリーブ油製造などが行われる
→関連項目コンスタンティーヌ

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

スキクダ【Skīkuda】

アルジェリア東部地中海岸にある工業・港湾都市。人口12万9000(1987)。フランス植民地時代はフィリップビルPhilippevilleと称した。ストラ湾西奥にあり,冬季北西の波浪を避け得るため古くから良港として発達し,1838年フランスによって新市街がつくられた。第2次大戦後サハラの石油・天然ガスが開発され,油田・ガス田からのパイプラインの終点となり,この国第一の輸出港となっている。石油精製,ガス液化,食品,化学,機械などの工業がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

スキクダ
すきくだ
Skikda

北アフリカ、アルジェリア北東部の地中海岸にある港湾・工業都市スキクダ県の県都。人口15万2335(1998)。フランス植民地時代はフィリップビルPhilippevilleと称した。ストラ湾西奥に位置し、冬の強い北西風による波浪を避けうるため古くから良港として栄えた。第二次世界大戦後、サハラ砂漠の油田、天然ガス田からのパイプラインの終点となり、アルジェリア第一の輸出港となっている。石油精製、ガス液化、食品、化学、機械などの工業が立地する。[藤井宏志]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

スキクダの関連キーワードアルジェアルジェリアベジャイアモスタガネム阿爾及アルジャザイルアンナバハッシメサウドアルジェの戦いアルジェリア風のパリの女たち

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone