スクラーゼ(読み)すくらーぜ(英語表記)sucrase

日本大百科全書(ニッポニカ)「スクラーゼ」の解説

スクラーゼ
すくらーぜ
sucrase

ショ糖スクロース)を加水分解してグルコースフルクトースにする酵素をいう。サッカラーゼsaccaraseあるいはインベルターゼinvertaseともよばれ、またある種のものはβ(ベータ)-フルクトフラノシダーゼともよばれている。哺乳(ほにゅう)類、昆虫、高等植物、イースト、カビ、細菌というように、生物界に広く分布する。哺乳類の小のスクラーゼはショ糖の消化に役だっている。また、イーストのスクラーゼは1860年にすでにみいだされ、酵素の作用機構の解明に好対象として研究されてきた。

村松 喬]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

栄養・生化学辞典「スクラーゼ」の解説

スクラーゼ

 [EC3.2.1.48].インベルターゼ,サッカラーゼ,β-フルクトフラノシダーゼともいう.スクロースを加水分解する反応を触媒する酵素.小腸じゅう毛の酵素は,ショ糖をグルコースとフルクトースに分解する活性と,イソマルトースを2分子のグルコースに分解する活性があり,スクラーゼ-イソマルターゼ(sucrase-isomaltase)[EC3.2.1.10]とされる.

出典 朝倉書店栄養・生化学辞典について 情報

百科事典マイペディア「スクラーゼ」の解説

スクラーゼ

サッカラーゼとも。ショ糖をブドウ糖と果糖に加水分解する酵素。この分解によって溶液の旋光度が変わるので転化酵素(インベルターゼ)ともいう。微生物,植物に広く存在し,動物にも消化酵素として胃液,膵(すい)液などに含まれる。
→関連項目ショ(蔗)糖

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

今日のキーワード

急急如律令

中国漢代の公文書の末尾に、急々に律令のごとくに行え、の意で書き添えた語。のち、呪文(じゅもん)の終わりに添える悪魔ばらいの語として、道家・陰陽師(おんようじ)・祈祷僧(きとうそう)などが用いた。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android