コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

スケッチ・ブック スケッチ・ブック The Sketch Book of Geoffrey Crayon, Gent.

2件 の用語解説(スケッチ・ブックの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

スケッチ・ブック
スケッチ・ブック
The Sketch Book of Geoffrey Crayon, Gent.

アメリカの作家 W.アービングスケッチ風物語集。 1819~20年刊。イギリス見聞記を中心に,36編より成る。特にニューヨークを背景とした「リップ・バン・ウィンクル」 Rip Van Winkleや「スリーピー・ホローの伝説」 The Legend of Sleepy Hollowは,最初の近代的短編として知られ,日本でも森鴎外訳などを通じて広く読まれた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

スケッチ・ブック
すけっちぶっく
Sketch Book

アメリカの作家、W・アービングの短編・随筆集。ジェフリークレヨンGeoffrey Crayonという筆名で書いた随筆・短編小説など34編を集めた作品で、アメリカでは1819年から1820年にわたって分冊の形で、イギリスでは1820年に1冊の本として出された。数年の間にドイツ語フランス語にも訳されて、この作品によりアービングはアメリカ最初の国際的な作家となった。収録されたもののほとんどは「ウェストミンスター寺院」「ジョン・ブル」などイギリスの古い伝統をしのんだり、イギリス人の国民性・風俗習慣について、ユーモアを交えたロマンチックな観察だが、うち6編はアメリカを背景にした作品で、「リップ・バン・ウィンクル」「スリーピー・ハローの伝説」などがある。二つとも、ヨーロッパ旅行中に得たライン川地方の民俗伝承をアメリカの風土に取り入れたものである。
 とくに「リップ・バン・ウィンクル」は短編としてのおもしろさから、各国に読者をもち、英語の教科書として広く読まれた。話の粗筋は、ハドソン河畔のオランダ系移民の村にリップ・バン・ウィンクルという、妻に頭のあがらない好人物がいて、ある日、愛犬とともに妻の小言から逃れて山中に入り、奇妙な姿のオランダ人の一団に会う。酒をふるまわれ、すっかり寝込んでしまい、一夜を山中で過ごす。翌日起きて村へ帰ってみると、村はすっかり変わってしまっていて、一夜のうちに20年もたってしまっていた。時代も植民地時代からアメリカは独立国になっていた。うるさい妻もすでに亡く、娘一家と過ごすことになるというものだが、リップは後のアメリカ的人物の典型の一つとなる。筋が「浦島伝説」に似ているので森鴎外(おうがい)が1889年(明治22)「新世界の浦島」として発表して以来、邦訳は10冊を超える。
 アービングのほとんどの作品はヨーロッパの模倣からアメリカ的なものをつくりだそうと模索したものだが、彼の視点はヨーロッパの文化にたってのアメリカ観察で、古い文化に対する懐古趣味もそのためである。しかし、もっとも成功した『スケッチ・ブック』のなかの作品には、当時のアメリカ社会の変容を暗示するとともに、その後のアメリカ短編小説の技法に貢献した点のあることは無視できない。[秋山 健]
『『スケッチ・ブック』(高垣松雄訳・岩波文庫/田部重治訳・角川文庫/吉田甲子太郎訳・新潮文庫)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

スケッチ・ブックの関連キーワードスケッチブック千曲川のスケッチレシービングチームアメリカの没落アメリカの友人ソープカービングの日フルーツカービングの日山のスケッチスケッチ・ブックリップ・バン・ウィンクル

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

スケッチ・ブックの関連情報