コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

スジャラ・ムラユ Sejarah Melayu

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

スジャラ・ムラユ
Sejarah Melayu

マレーの歴史書。『マライ編年史』と訳される。史書としてよりマレー古典文学として,英雄物語『ヒカヤット・ハントア』と並ぶ最も有名な作品。神話的前史から語り起し,マラッカ王朝の栄光と没落の歴史を述べる。 1612年にジョホールの宰相トゥン・ムハマット (トゥン・スリ・ラナン) が現行本の著述を開始したとき,原典が存在した。その原著者は不明であるが,1511年のポルトガルの攻撃によって陥落したマラッカの当時の人物と推定されている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

スジャラ・ムラユ
すじゃらむらゆ
Sjarah Mlayu

マレーの古典のなかでもっとも重要な歴史書。1612年にジョホール王国のブンダハラBendahara(世襲の宰相)によって現在のような形に完成された。その内容はマラッカ王国の歴史で、アレクサンドロス大王にさかのぼる王統の神話的記述に始まり、マラッカ王国の建国、その黄金時代、そして1511年のポルトガルの攻撃による滅亡に至るまでの歴史を、マラッカの宮廷を中心に描いている。伝統的なマレーの歴史記述は支配者によって行われ、その王権の神秘性、神聖性の表現と、それに伴う民衆の側の忠誠が重要な主題であった。『スジャラ・ムラユ』は後の歴史記述の典型となった作品である。[中原道子]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

スジャラ・ムラユの関連キーワードヒカヤット・アミル・ハムザスジャラ・ムラユマレー文学ハントゥア

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android