コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

スジャラ・ムラユ スジャラ・ムラユ Sejarah Melayu

2件 の用語解説(スジャラ・ムラユの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

スジャラ・ムラユ
スジャラ・ムラユ
Sejarah Melayu

マレーの歴史書。『マライ編年史』と訳される。史書としてよりマレー古典文学として,英雄物語『ヒカヤット・ハントア』と並ぶ最も有名な作品。神話的前史から語り起し,マラッカ王朝の栄光と没落の歴史を述べる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

スジャラ・ムラユ
すじゃらむらゆ
Sjarah Mlayu

マレーの古典のなかでもっとも重要な歴史書。1612年にジョホール王国のブンダハラBendahara(世襲の宰相)によって現在のような形に完成された。その内容はマラッカ王国の歴史で、アレクサンドロス大王にさかのぼる王統の神話的記述に始まり、マラッカ王国の建国、その黄金時代、そして1511年のポルトガルの攻撃による滅亡に至るまでの歴史を、マラッカの宮廷を中心に描いている。伝統的なマレーの歴史記述は支配者によって行われ、その王権の神秘性、神聖性の表現と、それに伴う民衆の側の忠誠が重要な主題であった。『スジャラ・ムラユ』は後の歴史記述の典型となった作品である。[中原道子]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

スジャラ・ムラユの関連キーワード繹史扶桑略記編年史書編年史マライマライ諸島マライ半島マラッカスルターンパレスマライ[諸島]

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone