スタイン(読み)すたいん(英語表記)Gertrude Stein

  • 1874―1946

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アメリカの女流小説家、詩人。東部のペンシルベニア州の出身。ラドクリフ大学でウィリアム・ジェームズの心理学に興味をもち、一時ジョンズ・ホプキンズ大学で医学を志したが、断念して海外に渡り、1903年以降フランスに定住した。ピカソやマチスなどの新しい絵画の収集者となり、文学サロンをパリで開いて、ヘミングウェイ、パウンド、ジョイスなど若い作家たちが出入りした。ヘミングウェイの小説『日はまた昇る』に掲げられた「あなた方は失われた世代(ロスト・ジェネレーション)です」ということばは、彼女の台詞(せりふ)である。自らも『三人の女』(1909)や『アメリカ人の形成』(1925)などの前衛的な小説を書き、アンダーソンやヘミングウェイに影響を与えた。その手法はキュビスムの絵画や当時の新しい映画の方法に似ている。また、ことばの意味よりも音を重んじた詩集『やわらかいボタン』(1914)を出した。論理も文法も大胆に無視したその詩風は、同じようにフランスのダダイズムの風潮に感化を受けたE・E・カミングズよりも一段と破壊的である。死後、第二次世界大戦後のダダイズム復興の波に乗って、T・S・エリオットをはじめとする多くの作家たちによる、彼女に捧(ささ)げる『友情の花束』(1953)が出された。自伝としては他人の眼(め)を借りて書いた『アリス・B・トクラスの自伝』(1933)があり、ほかに『選集』(1946)や、八巻本の『未収録作品集』(1951~1958)がある。[新倉俊一]
『金関寿夫訳『アリス・B・トクラスの自伝』(1971・筑摩書房)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

スタインの関連情報