コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

スタウト スタウト Stout, George Frederick

10件 の用語解説(スタウトの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

スタウト
スタウト
Stout, George Frederick

[生]1860.1.6. ダーラムサウスシールズ
[没]1944.8.18. シドニー
イギリスの哲学者,心理学者。ケンブリッジ大学オックスフォード大学で教鞭をとり,1903~36年セントアンドルーズ大学教授をつとめた。 J.F.ヘルバルトの心理学の影響を受けた。精神過程を要素的に考える 19世紀の連合説に反対。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

スタウト
スタウト
Stout, Sir Robert

[生]1844.9.28. シェトランド諸島ラーウィック
[没]1930.7.19. ウェリントン
ニュージーランドの法律家,政治家。 1863年オタゴゴールド・ラッシュを聞いて,イギリスよりニュージーランドへ移住。金鉱関係の仕事がなく,教師,次いで弁護士となった。 75年自由党員として上院議員に選出された。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

スタウト
スタウト
stout

黒ビールの一種。アイルランドダブリンが生産地。黒く焦がした麦芽を使用し,上面発酵方式で造る。アルコール分は7%前後。イギリスのギネス社のものが有名。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

スタウト(stout)

英国産の、苦味が強く、アルコール分の多い黒ビール。黒く焦がした麦芽を用いる。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

スタウト

アイルランドのダブリンを主産地とする黒ビールの一つ。アルコール分が普通のビール(2〜5度)より多く7度前後。オオムギの麦芽を普通のビールの場合より高温で焦がし,上面発酵法で醸造する。
→関連項目ダブリンビール

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

スタウト Stout, Henry

1838-1912 アメリカの宣教師。
1838年1月16日生まれ。オランダ改革派教会から派遣され,明治2年(1869)長崎にきて,広運館英語教師となる。のち夫人と家塾をひらき,20年スチール記念学校(のち東山(とうざん)学院),スタージ女学校(のち梅香崎女学校,下関の現梅光女学院)を創立した。38年帰国。1912年2月16日死去。74歳。ニュージャージー州出身。ラトガーズ大卒。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

栄養・生化学辞典の解説

スタウト

 濃色ビールの一種.アルコール分が強く,8%程度ある.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

スタウト【stout】

強いホップの香りと濃い味を持つ濃色ビール。焦がした麦芽を用いて造られる。アルコール分もやや強い。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

飲み物がわかる辞典の解説

スタウト【stout】


少量のよく焦がした麦芽を、ビールの原料に一般的に用いる淡色麦芽に加えて用い、上面発酵で醸造した、特に色の濃い黒ビールダークエールの代表的なもの。アルコール度数が高く、クリーミーな泡と深く芳醇でありながらすっきりとした味わいが特徴。アルコール度数は8度前後。◇「強い」という意。産業革命後、アンバーエールの「ポーター」がロンドンで流行し、ふくよかで麦の甘みを生かしたアンバーエールに対して、アーサー・ギネスがアイルランドの首都ダブリンで1759年に創業したギネス社で上記の製法を開発、「スタウトポーター」として発売し、その後普及したこれと同様の色の濃いビールを一般に「スタウト」というようになった。「ビールの表示に関する公正競争規約」では、濃色の麦芽を原料の一部に用い、色が濃く、香味の特に強いものと規定されており、これを満たす製品は製法が上面発酵でなくても商標名等に「スタウト」を表示できる。

出典|講談社
(C)Kodansha 2013.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

スタウト
すたうと
stout

イギリス式の黒ビール。スタウトは「強い」の意で、アルコール分も8%と高い。味は濃厚で、ホップがきいて苦味も強い。黒く焦がした麦芽を用い、上面発酵法で醸造する。1759年、アイルランドの首都ダブリン市のアーサー・ギネスが初めてつくり、ギネス社の製品が世界的に名声を得ている。飲用はそのまま、あるいは普通のビールに割って飲む。また、生卵を落として飲む方法も知られる。[秋山裕一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

スタウトの関連キーワード黒ビールカラメル麦芽ビール系飲料アサヒ黒生シルクヱビスアンバーエール淡色麦芽濃色麦芽ビール系飲料の課税エール/バイツェン/スタウト

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

スタウトの関連情報