コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

スタンボリースキ Stambolijski, Aleksandur Stoimenov

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

スタンボリースキ
Stambolijski, Aleksandur Stoimenov

[生]1879.3.1. スラボニツァ
[没]1923.6.15. スラボニツァ
ブルガリアの政治家。貧しい農家に生れたが援助を得てスイスで農業を学んだ。帰国後ジャーナリストになり,農民同盟に参加,1911年その議長に就任。議会で反戦,急進的農業改革を要求し,投獄された。 18年9月釈放されたが,反戦兵士を率いてソフィアを攻撃,失敗して地下に潜行した。 19年8月の選挙で農民同盟が第一党となり,10月首相に就任,急進的な税制や農業政策を実施した。 23年6月右翼,軍部,イムロ (→マケドニア内部革命組織 ) がそれに反発してクーデターを起したため,郷里に戻り農民兵を率いて戦ったが虐殺された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

スタンボリースキ
すたんぼりーすき
Aleksandr Stambolijski
(1879―1923)

ブルガリアの政治家農民同盟の指導者。ドイツで農学を学んだのち、1902年に農民同盟機関誌の編集者となった。05年、親ドイツ政策をとり第一次世界大戦参加を準備していた国王フェルディナンド1世と対立し、終身刑を受けたが、18年釈放された。同年に国王は退位に追いやられ、翌年の選挙で農民同盟が第一党になり、彼は首相に就任した。同年11月に連合国側とヌイイ条約が締結され、ブルガリアはかなりの領土を失ったが、20年の選挙でも農民同盟は第一党となり、同年5月に単独政権を確立した。彼は農地分配、民主的司法改革、租税平等化などの改革を行い、対外的には農民政党による緑色インターを呼びかけ、南スラブ連邦を構想した。改革の成功により、23年の選挙で大勝したが、これに不安を感じた軍部と右翼によるクーデターで彼は惨殺された。[寺島憲治]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

367日誕生日大事典の解説

スタンボリースキ

生年月日:1879年3月1日
ブルガリアの政治家,農民党首領
1923年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

スタンボリースキの関連キーワードブルガリア農民同盟スタンボリスキ東欧史(年表)ブルガリア史ツァンコフ生年月日IMROイムロ

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android