コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

スッポンタケ

百科事典マイペディアの解説

スッポンタケ

スッポンタケ科のキノコ温帯に広く分布し,夏〜秋,竹やぶなどに発生する。径数cmの菌蕾(きんらい)を破って太い白色の柄を出し,その先端に鐘状のかさをつける。高さ10〜15cm。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

スッポンタケ【Phallus impudicus Pers.】

担子菌類腹菌類スッポンタケ目スッポンタケ科のキノコ(イラスト)。無毒で,英名のstink hornは臭い角の意味。幼菌は爬虫類の卵に似た球塊で,直径4~5cm,表面は白。球塊(卵)を縦断すると外側から膜質の殻,厚いあめ色の寒天層,厚い暗緑色のグレバglebaとよぶ胞子をつくる組織,薄い膜質のかさ,圧縮された白い茎の順でおさまっている。この茎が卵の頂端を破って伸びだすときの形がカメが孵化(ふか)する形に似るので,スッポンタケと名づけられた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

スッポンタケ
すっぽんたけ
stinkhorn
[学]Phallus impudicus Pers.

担子菌類、スッポンタケ目スッポンタケ科のキノコ。胴体は白く、発泡スチロールに似たもろいスポンジ状で中空、高さ10~15センチメートル、太さ2~3センチメートル。根元は膜質袋状の壺(つぼ)で包まれる。胴体の上に、高さ3~5センチメートルの鐘形の帽子をかぶる。帽子の上端は平板で、中央には胴体の中空部に通じる穴がある。帽子の表面には網目状の隆起があり、多角形のくぼみを多数つくる。くぼみの中は暗緑褐色の粘質物で満たされるが、これは胞子の集まりで、強い悪臭を放ってハエを誘い、胞子を伝播(でんぱ)させる。
 スッポンタケは、初めは径4~5センチメートルのカメの卵に似た白い球塊で、殻は軟らかく、中に厚い寒天層で包まれたキノコの本体が圧縮されて収まっている。成熟段階になると胴体が急に膨張し、暗緑褐色のグレバ(胞子をつくる部分)をもつ帽子をのせて殻を破って伸長する。そのときのようすは卵からかえるスッポンの姿に似る。夏から秋、林内の地上に発生し、世界的に広く分布する。[今関六也]

スッポンタケの仲間

スッポンタケの仲間の幼菌は、いずれも皮質の殻に収まり、爬虫(はちゅう)類の卵に似る。キノコの形も風変わりなものが多く、胞子の集団は暗色の粘液状でつねに悪臭を放つ。分類的には担子菌門腹菌亜綱スッポンタケ目に含まれ、スッポンタケ科とアカカゴタケ科の二つに分かれる。前者にはキツネノエフデ、キツネノタイマツ、キヌガサタケ、スッポンタケなどがあり、後者にはカゴタケ、アカカゴタケ、イカタケ、アカイカタケ、カニノツメ、サンコタケなどがある。[今関六也]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のスッポンタケの言及

【カゴタケ(籠茸)】より

…担子菌類腹菌目アカカゴタケ科のキノコ(イラスト)。大まかにいえばスッポンタケの仲間で,はじめは柔らかい皮で包まれた爬虫類の卵を思わせるが,皮を破って伸び出た子実体は悪臭の強い黒ずんだ粘液質の胞子のかたまりをつけるという共通の特徴がある。カゴタケの子実体は10~15のかご目をもったまるいかご形,皿状に開いた殻にのり,直径4~5cm,白色。…

※「スッポンタケ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

スッポンタケの関連キーワードキツネノロウソク(狐の蝋燭)キツネノタイマツ(狐の松明)キツネノエフデ(狐の絵筆)キツネノエフデ(狐絵筆)キヌガサタケ(衣笠茸)スッポンタケ(鼈茸)キツネノロウソクキツネノタイマツカゴタケ(籠茸)キツネノエフデキヌガサタケカニノツメ狐の絵筆虚無僧茸担子菌類島犬絵筆イカタケカゴタケ狐絵書筆腹菌目

今日のキーワード

主婦休みの日

1、5、9月の25日。年3回。株式会社サンケイリビング新聞社が制定。主婦にはリフレッシュ、ほかの家族には家事を提唱する。年末年始、ゴールデンウィーク、夏休みといった忙しい期間の後に設定されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android